selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





茅島氏の優雅な生活/麻々原絵里依 【花音】


〔2009/3/28〕

★★★☆☆

茅島氏はやんごとなき筋とも縁が深い孤独な資産家。
そんな茅島氏が何を思ったか嵐の夜に突然、ずぶ濡れで
庭師の家を訪れ・・・・・・告白をした。
高飛車で一方的な求愛に庭師は怒り、意地悪な注文をつ
けたが、世俗に疎い主人は驚くほど素直で・・・・・・・・・

突然の事故で亡くなってしまった資産家の両親から、莫大
な保険金を遺され、広大な屋敷に優雅に暮らす茅島澄人は、
とても浮世離れしている。そんな彼が平凡だけど生命力の
ある庭師に惹かれ・・・

遠野春日さん原作の漫画化です。
澄人のぬけた感じと、澄人に度々驚かされながらも、この人
と一緒に居たいとどんどん澄人に惹かれていく庭師との、ち
ょっとズレた会話や間が楽しく、それが次第に噛み合ってい
く様が見事に描かれていて、激しい盛り上がりはないけれど、
何だかほっこりする、いい話だったと思います。この二人、
きれーに形良く、互いのデコボコにはまってるような気がする。
麻々原さんの無表情っぽい絵に内容がすごく合っていて優雅で、
だけど親しみやすい雰囲気があり、すごく楽しかったです。
ってか、茅島氏が、かわえぇ〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







ラスト・ターゲット/麻々原絵里依 【Chara】


〔2001/7〕

★★★☆☆

将来を嘱望された天才バイオリニストの航(わたる)。
コンクール目前のある日、優勝候補の彼に出場辞退を
促す脅迫状が!警護を任されたボディーガードの木津と
松原。兄のような松原を慕う航は、クールで無口な木津
が苦手。でも仕事では見せない木津の意外な優しい心遣
いに、航の心は切ない想いにかられ・・・。

航は高校の器楽科2年で、天才バイオリニストと呼ばれ
ているが、コンクールを前に何者かに脅迫されていた。
そんな航をガードするため雇われたのは、兄のように優
しい松原と、クールで感じの悪い木津という二人のボディ
ガード。やがて嫌っていたはずの木津の優しさに気付き、
次第に惹かれていく航だったが、犯人と木津が繋がって
いるかもしれないと、松原に聞かされ・・・

多分この人が犯人だろうな・・・という目星をつけた状態で
読んじゃいけませんでしたね。純粋に楽しめなかったので。
でも原作付き(池戸裕子さん)の割には、かなり上手いこ
とまとまっていると思います。構成も話も面白く、エンタ
ーテインメント性は高いと思います。ただ甘さは全く無い
ですけど。 
ちなみに松原の目は怪しさ出すぎてたので、白じゃないほ
うが良かったですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







VARNISH(バーニッシュ)/麻々原絵里依 【Wings】


〔2008/10/25〕

★★★☆☆

アニキ、僕もキレイになって恋したいんです。
メンズエステコメディ開店!

住宅地に店を構える隠れ家的メンズエステサロン「VARNISH」。
指名No.1は、スパルタエステで客を魅了する兵庫。美形の
No.2宮城は裏表のあるドSで、天然系の祥平が作るハーブ
ティーはかなりヤバめ。間に挟まれた孝太の余計な一言が
トラブルのタネに・・・!?

Wingsの位置づけがよくわからないんですけど、多分BL
ではないんですよね。一応、麻々原さんなので読んで
みました。男しか出てこない、男子が何か皆でワイワイ
やってる楽しい漫画というカンジですけど、やっぱどう
もラブがないと、ノレないんですよね・・・。
まぁそれを抜きにしても、施術の内容とかエピソード
とかは、どっかで見た風だし、HOW TO的なニオイがする
のがあんま好きではないんですよねぇ。
でもキャラは悪くなかったです。これで普通にBLの方で
描いてたらよかったのにな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







下宿日和/麻々原絵里依 【Chara】


〔2008/10/25〕

★★★☆☆

「半年後には、立ち退きをお願いします」。
呑気に暮らしていた藤の木荘の住人達は、新任の管理人
・藤巻正親の突然の宣言に大ショック!おまけにクール
で無愛想な正親は実はゲイ!! 住人の一人、蔵屋恵は、
そんな正親の思わぬ一面が気になり始めて!?

古い下宿・藤の木荘には会社員・恵のほかに3人の男と
一組の親子が住んでいる。管理人だったおばあちゃんが
亡くなって、代わりにやってきたのは、孫の正親。しか
し正親は、老朽化と維持の問題から下宿を手放すため、
半年後までに退去するようみんなに告げる。
最初は冷たい人だと思ったが、まかないの世話までして
くれ、悪い人ではないと判り始める恵だったが、正親が
男ともめているところを目撃してしまい、おまけにあっ
けなくカミングアウトされてしまって・・・

ふふ〜ん。メガネがなかなかのナチュラルゲイで良かった
ですよ。しっかりしてるし凛としてるんだけど、なんか
放っておけないようないい雰囲気持ってて。鎖骨と肩幅と
薄っぺらさ? とっても美しい絵なのに、いつも話そのも
のに色気不足を感じてしまうんですけど、今回は結構頑張
っているのでは。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







ダブルキャスト/麻々原絵里依 【ディアプラス】


〔2007/03/30〕

★★☆☆☆
才能に恵まれ、その存在に誰もが目を奪われるスター・
山室優輝。“ときどき恋人”のプロデューサー・大滝が
注目していた若手俳優・沢木十(みつる)に軽い気持ち
でちょっかいをかけた優輝は、実は猫をかぶっていた沢
木に逆に振り回される。
そんなふたりが同じドラマで共演することに・・・。
プライドをかけた男たちのラブ・ゲームの幕が上がる!!

顔とかスタイルとかは、もううっとりするくらい男前
なんですけどねぇ。

存在だけで華のある山室に憧れて、同じ舞台に立つため
「ミス・ファウスト」のオーディションを受け、ダブル
キャストに抜擢された沢木。実は彼は、山室が慕い、半
分恋人のような関係のプロデューサー大滝に目をかけられ
ていた。大滝を奪われるのではないかという不安から、先
に沢木を手玉に取ろうとする山室。しかし、沢木はそんな
山室の思いを見透かしていた。やがて努力家で演劇バカの
沢木の演技の評判は上がるばかり。沢木も実力の差を見せ
つけ山室を出し抜くはずだったのに・・・

お仕事面での描写はよくできてるんですけど、互いを意識
しあっているうちにラブになってた、という割には、甘さ
が足りなくて、通してラブとしてはどうなの?と思ったので。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





野球天国/麻々原絵里依 【Chara】


〔2006/10/25〕

★★★☆☆

球団一の人気を誇る主力の4番打者・緒方。
そんな緒方に、天才肌のエースで可愛い後輩の宇野は密かに
片想い中。ところが、気持ちがバレたとたん、猛アタックで
攻めてきた!?
困惑した緒方は「恋人になる条件は完全試合の達成だ!」と
賭けをして!?

暑いので、エロ以外を読もう!ということで、爽やかに野球
ですよー。と、言っておきながら、ホントはあまり乗り気で
なかったけど、結果思っていた以上に解りやすい話だったし、
宇野×緒方(服部さんも)がイケメンだったので癒された〜。

イケメンでゲイの緒方は、人気実力とも申し分なく、性格
までいいルーキー宇野に、なぜか嫌われていた。
しかし宇野は、緒方が高校球児だったころから彼に憧れ、惚
れていたのだ。最初は上手く接することができなかったくせ
に、気持ちを知られた途端、積極的に懐いてきて。そんな宇
野に、完全試合を達成したら、恋人になってもいいと言って
しまうが・・・

うん、楽しかったです。でも告白されて2年も放置という設
定のせいか、野球をちゃんと描きたかったのか、シーズン→
ファーム落ち→地方→女子アナ取材→優勝→自主トレ→キャ
ンプ→開幕、と一連の行事がうっとうしいというか、ちゃん
とした流れにはなっているんだけど、もう少しさっぱりと、
恋愛面多めで見たかったかなと。そんな感じです。





Deep Black/麻々原絵里依 【Chara】


〔2007/10/25〕

★★☆☆☆

地位も名声も意のままの大企業「守宮財団」の総帥・賢将。
その正体は、正義の使者「DB」!!
敵は、謎の絵画を狙うテロ組織「銀の斧団(シルバーアック
ス)」だ。
そんな賢将の前に、美貌の美術雑誌ライター・陽(みなみ)
が現れる。実は、陽は「銀の斧団」の一員・ゴーストだった!?
敵同士とは知らずに、互いに惹かれ合う二人だが・・・。

変なBL。マンガとして面白くなくはないけど、アメコミな感じ
がどうにも受け付けない。甘さもないし。表紙見る限り、こん
なマンガじゃなさそうなんだけど。
絵は綺麗ですごく好き。趣味に走っちゃったなぁという感想。 





初恋横丁/麻々原絵里依 【Chara】


〔2006/8/25〕

★★★☆☆

留学していた幼馴染みが6年ぶりに帰国!
嬉しい反面、ちょっぴり気まずい酒屋の跡取り息子・修介。
なぜなら、自慢の親友・淳(あつし)は初恋の人。だけど、
理由も言わず突然イギリスに行かれ、脈がないと諦めてい
たのだ。なのに、大好きだった淳の笑顔を見た瞬間、10年
越しの恋心が復活してしまい・・・!?

修介と淳は同じ商店街に住み、子供の頃から親友だった。
高校卒業後、Jリーガーになるも、ケガのため辞めた修介
は、家の酒屋を手伝っている。一方卒業と同時に環境学を
学ぶため、イギリスへ留学してしまった淳。その音信不通
だった淳が6年ぶりに帰ってきた。とっくに諦めたと思っ
ていたけれど、淳の顔を見て、好きな気持ちが全く無くな
っていないと気付いた修介は・・・


何すか、この表紙。写真で見るとわかりにくいかもしれま
せんが、実物めちゃめちゃ美しいっす。

イケメンで百戦錬磨であろう修介が、淳のことになると
ひとりで盛り上がったり、勝手にグルグルしてるのが可愛い。
淳は慎重派っつうか、おっとりしてるな。スポーツマン
と優等生がそのまま大人になったって感じ。2人とも
すごく性格が良くて、大事な存在なんだなというのが
とても読み取れて、頑張れ〜と思いながら読んでました。

昔ながらの商店街が舞台なだけに、噂に尾ひれがついたり、
仲間がワイワイ集まったり、いいとこを弟や姪っ子に邪魔
されたりと、ちょっぴり賑やかしいのも、くっつくテンポ
と穏やかなラブに合ってて良かったです。この2人なら、
ケンカとかしてもすぐ収まんだろうなって思えるような
すごくいい表情してるわ。





<< | 2/2PAGES |




イトラコナゾール