selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ラバーズ・ドール/三島一彦 【BBC】

 
〔2009/7/10〕

★★★☆☆

慎が手に入れた人形(命名・しめじ)は、あまりに美しく・・・動
いて喋って大きくなるいわくつきのブラディ・ドールだった!?
ちっちゃい時は可愛くて、おっきい時はカッコいい、オレ様で
無邪気なしめじ。初めて貰った名前・涙・嫉妬、そして『好き』
の気持ち・・・。慎が教えてくれる甘い生活は・・・しかし!?

美大生の慎は、友人・モモ子のドールに洋服を作ってあげる
のが趣味。ある日、友人・ミドリと3人で「ブラッディ・ドール」
の話になった。ブラッディ・ドールとは、美しい人形のため、
オークションに出ればすぐに落札されるのだが、動いて人の
血を吸うと噂され、気味悪がられ、また直ぐに出品されてしま
ういわく付の人形。しかし写真をみた瞬間慎は、その美しさに
一目惚れしてしまい、購入するが・・・

持ち主の愛情を感じたら、人形から人の姿にもなることの
できる人形・しめじ。でも今までは、人の姿になれた途端に
主に気味悪がられ時に傷つけられ、結局愛情を与えられず
また人形に戻るだけの日々を繰り返していた。けれど、自分
を丸ごと受け入れて愛してくれる慎に出会って、いわば生ま
れたての感情に、少しずつ色んな色がついていくという話。

三島さんお得意の子供顔がキュートで、思わずこう、プニプ
ニしてみたくなりますね。ちょっぴり小生意気、だけど純情な
しめじがたまんねーです。
最終話の一見バッドエンドに涙し、そこからのラストに安堵で
また涙し・・・と、見事にハマってしまいました。エエ話や。

冷静になると、前にどこかで博士になってロボットを治す話
があったな・・・と思わんこともないですが、ちゃんとオリジナ
リティのある三島色になってますのでOKっつうことでw
いつもより受があんまりツンツンしてないので、すごく穏やか
でピュアなラブに仕上がってて、新たな魅力発見って感じです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村




Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)





ベイビィ★アイラブユー/三島一彦 【ASUKA】

 
〔2009/7/1〕

★★★☆☆

魔性高校生×中年リーマン 年の差逆転ラブ!

親友の真山薫に訳あってひきとられている真山秋生(5歳)
に突然告白されてしまったクールなサラリーマン・平坂。
薫に叶わぬ片想いをしていた平坂は、秋生の健気なアピー
ルに対して子供のくせにナマイキ!と冷たく突き放してきた。
だけど10年後、フェロモン満点な魔性のやり手高校生に成
長した秋生からの強引なラブ・アタックに、ムリヤリ巻き込ま
れてしまい・・・!?


前作 『パパ★アイラブユー』 のスピンオフです。
真山ファミリー・次男の秋が主役で、お相手はパパ・薫さんの
同僚で、ずっと彼に叶わぬ想いを抱き続けていた平坂さん。
・・・なのでぇ、何歳差?20くらいかな?平坂さんも、まさかこ
んなチビッコに攻められる日が来るなんて思ってもいなかっ
たでしょうねw

そんなわけで、実は結構性格の悪い平坂さんと、そんな彼
の本当の顔や、薫パパへの想いなんかも5歳ながらに読み
取っていた鋭い子供の秋ちゃん。10年後の高校生になった
今では、すっかり身についたその魔性で、ぐいぐい平坂さん
の懐に入り込もうとする日々。うっとうしいと思いながらも、
素の自分を知っても一緒に居てくれる秋に、徐々に居心地
の良さを感じ始める平坂。でも年の差や性別、そして何より
大事な親友を悲しませることはしたくなくて・・・

と、色んな葛藤があり素直に受け入れることができず、おま
けに子供相手に大人気ない平坂(でも受)と、その天然魔性
っぷりと、時々見せる素の可愛らしさで翻弄(でも攻)してい
く高校生の、一見デコボコだけど、実は結構しっくりくる、面
白い愛の形。

こんなに意地っ張り同士だったら、今後も何度でも衝突しそ
うでハラハラですが、何か、もうそろそろ平坂が観念(性格的
に)しそうな雰囲気もあり、是非更に数年後とか見てみたいも
んです。


短編 『お姫様と犬』 は、クラスの人気者・姫野と、そんな彼に
密かに憧れていた、隣の席の地味なメガネ(実は乙女趣味)・
犬養。年の差ラブも面白いですが、こういう、一緒に赤面!
みたいなのも良いですね。

もう一つの短編 『スキっていって』 も高校生同士。付き合って
いるのに、あまりに進展がないカップルという、初々しさが良い
感じでした。


そんなわけで、前作は少しほのぼの寄りの、アク少なめの
年下攻だったので、今回はパンチが効いてて、また違った
雰囲気になっていて面白かったです。
この方のメリハリの利かせ方と、赤面や切ない顔に結構キ
ューンときてしまいがちな自分には、なかなか満足な感じで、
ラストは意外と感動しちゃったりして。

いい大人が振り回され、赤面させられ、切なくさせられ、終い
にはアンアン言わされるという、三島さんらしい、軽快な年の
差ラブになっていて、とっても楽しかったです!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村




何足でも試せる 送料&返品無料!靴の通販サイト Javari





パパ★アイラブユー/三島一彦 【ASUKA】


〔2008/10/1〕

★★★☆☆

こ、こらっ、チュ、チュウはやめなさいっ(汗)

冷静沈着ビジネスマン・真山薫はひょんなことから突然
二人の甥っ子・圭吾(16歳)と秋生(5歳)を引き取るこ
とに。同居初日から「お父さん」と呼ばれて凍りつつも、
二人の保護者として奮闘していた薫だが、突然圭吾にキス
をされてしまい・・・!?
この気持ちは親心・・・家族愛・・・まさか、恋!?ありえない
けどありえちゃうかも・・・ 揺れる年頃オヤジの恋はトマド
イでいっぱい★ 天然無邪気な高校生×仕事一筋ビジネス
マンの逆転ラブ!

一見冷たそうな薫だけど、実はすごい優しくて、そんな
薫に恋心を抱いてしまう圭吾・・・という、定番の年下攻で
ございます。勿論オヤジはツンで。何か、ハートウォーム
ですごく可愛かったです。特に秋生。さすがショタ好きを
公言するだけあって、キュートな彼の動きに目が離せませ
んでした。
しかも彼は、この後高校生まで成長して、今回薫の同僚と
して登場していた平坂を攻めるらしいじゃないですかぁ。
それは楽しみだ。

ということで、同時収録の『予備校でマジ恋!?』の方に
萌えが少なかった分、表題作シリーズをもっと読みたかっ
たなぁというのが本音です。圭吾もいつもの年下攻より
アクが少なかったけど、素直で可愛かったしなぁ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





Reverse!? (2巻・完結)/三島一彦 【光彩】


〔2005/4/30〕

★★★☆☆

数学教師・雨宮は、生徒の三船をからかうつもりが から
かわれ(?)、執拗に迫ってくる彼にビビる毎日。
一方、三船の幼馴染・木島は、雨宮を守るうち、自己中で
ワガママな雨宮がカワイくてしかたがない自分のキモチに
気づく。 雨宮にはてんで届かない想いを抱え、木島の苦
悩は、いつまで続くのか・・・!?

2巻です。 (1巻)
大人気ないオトナが、年下のガキに好かれてしまって、
最後には喰われちゃう、という話です。顔掴まれて、ぎゅっ
とされるセンセが可愛いです。けどホント、素直じゃない
ヒトだ。

「雨宮先生 この問題わかりません」とブリブリな表情の
三船と、攻受になった自分をそれぞれ妄想した先生がアホ
で面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





ラブネコ/三島一彦 【BBC】


〔2007/5/1(旧:2006/3/10)〕

★★★☆☆

日々お疲れな英二が家に帰ると、そこにいたのは耳&しっぽ
の生えたご奉仕ネコロボット・ネココだった!
過激に尽くしちゃうのも、押し倒しちゃうのも・・・純粋でキレ
イな愛もみーんな大好きなご主人様のため。

はっきりいって、全然ネコミミには萌えない人種ですけどね
・・・キャワユイ。妙に女子っぽくなく、ちょっと我儘な男の子
なのが可愛いっすね。

一人の寂しい生活に癒しを求めて、ネットで思わずご奉仕
ロボット「ネココ」を注文してしまった英二。しかし、女の
子が来ると思っていた英二のもとにやってきたのは、男の子
型のエロくて生意気ロボットだった。しかもそれを作ったの
が、自分の勤める高校の生徒だったとは・・・

懸命にご奉仕してあげると言い続けるネココと、頑なに拒否
し続ける英二の、ドタバタ年下「ロボット」攻。

もう一人のロボット「ミミオ」の方は、ネココと打って変わ
った尽くしぶりで、これまた可愛かったです。ぷふっ、こっ
ちも年下「ロボット」攻ですね。さすが三島さん。徹底して
いる。

何か、ネコってだけで避けてた作品ですけど、読んでみると
いつものキュート&年下(ロボットだけど)が一生懸命攻める、
それにあたふたするオトナという、三島作品の萌えそのもの
で、存分に楽しめましたです。ネココの衣装がカワユイ。





Reverse!?/三島 一彦 【光彩】


〔2004/1/26〕

★★★☆☆

オンナにフラれ、あげくのはてに配属先は男子校!?
“気分最悪。”の数学教師・雨宮はイライラを発散しようと、
自分を慕ってきた生徒・三船をちょっとからかってやるつも
りだった。
そこへ、三船に片想い中らしき幼馴染・木島が現れ、宣戦布告!?
と思いきや!!!・・・

三島さんのファーストですね。2巻まで出てますが、1巻だけ
読んでみました。
うん、いい意味で、変わんね。わがままで大人気ない大人。
この時点で、まだ先生が全然自覚してないので、あれですけど、
きっと2巻ではばっちり年下攻になってることでしょう。

他に『四六時中』『触心』『ポジティブ・ポジション』という
3作が入ってます。表題作も含め、どれも全然エロさがないで
すけど、ボーイズなラブしてて、可愛くてよかったです。

『四六時中』は付き合ってるのに学校でいちゃこらできないカプ
がヤキモチやかせたり、という感じ。
『触心』は友達に告白され男だしと速攻断ったけど、何か気に
なってきちゃってという話。こういうの結構好き。
『ポジティブ・ポジション』はデビュー作だそうです。ずっと
好きだった友達に告白したいけど友達でさえいられなくのは
イヤ。ということで見てるだけだったけど、と思いがけずうまく
いく話。






いっそもう、くどきたい!/三島一彦 【ASUKA】


〔2006/4/28〕

★★★☆☆

女のコ大好きの三国は合コンでクラスメイトの土屋と会う。
ポツンと淋しそうな土屋にちょっかいを出したつもりが、まんま
と受攻逆な展開に。ストレートに愛を告白され土屋の独特のテン
ポにハメられた三国は、うっかり恋に落ちちゃって・・・。

↑ これは表題作。その前に『彼氏ならいかが?』という、生徒×
先生の2話が入ってます。
昨日、納得いかない年下攻を読んでモヤモヤしていたので、それ
ならば、あーた、三島さんでしょう!ということで、コレです。

鮎川先生は何かと恋愛絡みのトラウマ持ちで、それが原因で
女性不信気味。そんな彼はひたすら学業に専念し、女と接する
ことのない職業「男子校の教師」となったのです。
そんで、お勉強ばっかしてたし、女子とも付き合ったことない
経験ゼロなものですから、好意を寄せてくるイケメンお坊ちゃま
日野にちょっと寄られただけでトキメいちゃう、と可愛いお方
です。

日野は坊ちゃまだからズレてやりすぎちゃうし、考えてみりゃ
教師と生徒だしと、悩みは尽きない。必死な年下に可愛がられ
ちゃう年上、という三島さん得意の年下攻堪能です。ふースッキリ。

表題作の方は3話構成。『彼氏ならいかが?』で日野の友達と
して登場していた土屋の話。こちらは珍しく同級生モノ。でもでも、
遊び人・三国の方が手玉にとられて、当初と形勢逆転というのは、
年下攻に似たニュアンスがあって、こういうのもいいですねぇ。
ひたすら無表情にかき回す土屋がオモロイ。こっちはエロもあり、
ラブラブなのがサイコー。話の構成がしっかりしているので、
安心感があって楽しめます。





オヤジ拾いました。/三島一彦 【ASUKA】


〔2005/3/29〕

★★★★☆

仕事に疲れ、道に行き倒れていたところを、超お金持ちの
お坊ちゃん高校生・壬生龍之介に拾われたバツイチ・子持ち(!?)
サラリーマンの佐伯良二。目が覚めた途端、壬生に「好きだ」
とキスされて、気づくと超豪華マンションに拉致・・・!?
突拍子もない展開に驚きつつも、同様のあまり拒んだ途端、
泣き出した壬生に良二は・・・?? 年の差・身分差・お邪魔ムシ。
世間知らずのお坊ちゃん×純粋培養オヤジの恋には障害が一杯?

このタイトル、そしてジャイア○ばりのあおり文句
「落ちてるモノは俺のモノ。だからお前は、俺のモノ!」
上手い!

佐伯は、仕事で徹夜が続き、家に着く直前で力尽きて倒れる。
それを拾って助けたのは、大豪邸に住み執事までついている
お坊ちゃまの壬生。
目を覚ました佐伯に、壬生はお前を気に入ったと。一旦は
アパートに送ってもらった佐伯だが、再び目を覚ますと、
そこは豪華マンションで・・・

今まで恋をしたことなかった壬生は佐伯に出逢ったことで
気付きます。自分が「オヤジスキー」なんだと。真っ直ぐに
想いをぶつけてくる壬生を一度は拒絶してしまった佐伯だけ
ど、何故か壬生のことが気になってしまって・・・

私は本来オヤジスキーではないですけど、30代ということで、
まだ枯れてない感じでしたのでむしろ萌えゾーンでした。
壬生がお坊ちゃまで、発言がいちいち偉そう、でも若者らしく
ちょっと自信なさげなとこもあって可愛い。そして不器用に
一生懸命にぶつかってくる壬生に戸惑うオヤジという構図が
めちゃ萌え。

この2人で3話と、壬生の同級生・真下×壬生の執事・中谷
のラブ『執事お好きですか?』が2話入ってまして、こちらも
年下攻めということで、また違ったカプで楽しかったです。

ほんとはもう少し佐伯の感情面をゆっくり見たかったのと、
執事の話よりそっちの話を堪能したかったということから
どうしよっかなぁと思ったんですけど、総合的に面白かった
ので★4つ。すっかり手中に収まったオヤジってば可愛いな。





プチプリ/三島一彦 【BBC】


〔2008/5/10〕

★★★☆☆

「もう泣かない。裕二のためにカッコよくなるって、誓うよ」
一生懸命愛してくれる、ピュアで一途で、可愛くて、でも男ら
しい「王子」・敦は小学生だったー!!
男にフラれて傷ついていた高校生・裕二は、敦にファーストキ
スを奪われて・・・!?

小学生×高校生。えーっ・・・と思ったけど、案外イケるもんだ。
敦が素直で一途で、とにかくカワイイ。妙に媚びたとこもない
から、頑張れーと応援したくなるし、10年後、見事にデカく
イイ男になった敦を見たら、ちょっと育ててみたい気もしない
でもない。

小学生がそんなコト言わないだろうーってな感じで、結構クサ
いんだけど、可愛いし、裕二も翻弄されてるからOKっつうことで。
実は10年後もラブラブなラストにはちょっとグッっときてしま
いました。やっぱり10年愛に弱いワタシ。

ちなみに敦の衣装が、えれー可愛い。短パンにブーツとか、
バリツボ。ドクロみたいなマークも可愛いし、巻物も萌える。
同時収録『年下の彼氏』は高校生×三十路で、王道年下攻。
これも中々楽しかったです。





魅惑ノリンゴ/三島一彦 【ASUKA】


〔2007/3/1〕

★★★☆☆

超お坊っちゃま高校に通う御曹司・一条圭は赴任してきた
新任教師・林悟(通称リンゴ)に一目惚れ。
挫折を知らない一条は早々にリンゴに告白するが全く相手に
されなかった。
以降、一条による一条の為の“リンゴ攻略作戦”がスタート
される。親友の三井・ヨネを始め、ライバルの二ノ宮、果て
は自称“リンゴの昔の男”を名乗る教師・五木まで現れて
恋愛戦線は大混乱!!

リンゴは、昔お坊ちゃまに弄ばれたトラウマから、お坊ちゃま
が大嫌い。なのに自分に興味を示す一条は、家柄や親のこと抜き
で自分を見てくれるリンゴに惚れちゃって、やたらとなついて
きて・・・

教師受です。うぅエロいぜ。(教師というだけで数割アップ)
不満だったのは最初ツンだった先生が、後半からえらく可愛い
ヒトになってしまったことで、自分的には結局先生の性格掴め
てないんですよね。
まぁでも、ワキキャラもいい味出していて(特にヨネ!)楽し
いことになってたんで総合的には満足です。





<< | 2/3PAGES | >>




イトラコナゾール