selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





幻想少年恋物語/日輪早夜 【花音】

 
〔2004/5/28〕

★★★☆☆

「大人の童話」な世界に迷い込んだ少年たちに次々に
襲いかかるエッチな罠・罠・罠。

童話をモチーフにした、お得意のショタ
コメディの短編集
になってます。ショタでファンタジーということで、例によって
若干尻ごみ気味に読み始めたんですが、やっぱ楽しませ方
が上手いですよね。日輪ワールドを堪能できました。

『美人と野獣(よしととポチ)』(美女と野獣)
美少年好きの美人が、野獣の大事にしていた薔薇を手折っ
た父の代わりに、野獣の屋敷に行くことになったが、そこに
いた野獣はとんでもなくプリティで・・・ という、変態なお兄さ
んと、寂しいがり屋の野獣ちゃんの話。

『幸せのガラスペン』(シンデレラ)
なんと、シンデレラは漫画家のアシスタントという話です。
憧れの先生に会えるパーティーに行かせてもらえず落ち込
んでいたら、偶然招待券をもらえて、先生に会いにいったら
見初められてしまうという、とてもアホな話。

『山のタヌキと生臭坊主』(分福茶釜)
変身下手な小狸が、生草坊主に騙された爺さんに騙され、
茶釜のフリをして坊主を騙すも、正体がバレちゃってエロい
ことされちゃうという、こちらもオバカな話。

『ウソつきと盗賊』(狼少年)
ウソばっかりついていた少年が、盗賊が来ると言って回った
のに信じてもらえず、結局自分がとっ捕まって、イケメン盗賊
のオンナになるが、それも悪くないなという話。何つう子じゃ。

『キミは僕の宝物』
少年発明家が、父の記憶のコピーを入れた人造人間を発
明したが、そのロボットにエロいことをされちゃうという話。

『白雪王子(2話)』(白雪姫)
可愛い王子様・白雪を疎ましく思った王妃により、殺害が命じ
られるんだけど、家来達は殺さず、王子を陵辱w なんつう話w

『お望みのままに』(アラジンと魔法のランプ)
美少年好きのチンピラ・アラジンが、魔女に利用されたこと
で偶然魔法のランプを手に入れるが、そこから出てきたの
は、可愛らしい魔法の精・ファーヌースで・・・ 
これが今回の中で一番面白かったです。健気なファーが
可愛い。

そんなわけで、独創的なストーリーと、色んなショタっ子が
満喫でき、楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








現代少年恋日記/日輪早夜 【花音】

 
〔2004/6/15〕

★★★☆☆

椎名ちゃん×よっちのウブい恋は大人の知らないトコま
で進行中。修学旅行で初エッチ大作戦、夏祭り、バレン
タイン・・・ 恋のイベントはお・年・頃の少年てんこ盛り。

1冊丸ごと、ショタっ子本です。
椎名ちゃん×よっちの同級生カップルが、どうやって仲良
くなったのかという小5の時の話を描いた描き下ろしが1話
目にあり、その後は'97年に「半熟天使」に掲載されたもの
から'02年の作品までの4話、計5話が、このカップルの
話になっています。

修学旅行で、みんなが女子の部屋に行ってる間に致して
しまうという超早熟な話から、夏祭りで青姦、バレンタイン
でよっちがヤキモチ焼いて、チョコ塗ってペロペロ。そして
中学生になった二人は、別々の部活に入ったことで、一緒
にいれる時間が少なくなって、よっちが不安になったりと、
ラブラブとともに、二人の成長も楽しめるのが良かったです。

まぁ正直、早熟カップルに、心の中でつっこみまくりでした
がw とにかく二人がお互い大好きなんだなというのがすご
く伝わってくるバカップルなので、ほのぼのした気持ちにな
りました。


あとも勿論全てショタっ子の短編。
『ある少年愛好家の日常』 は、ショタコンの本屋のお兄さん
が、お気に入りの礼儀正しい小学生のコに、妄想Hをして
しまうという、かなり変態入ってますが、何か楽しいw

『保健室においでよ子猫ちゃん』 は、Hなことを知りたいと
やってくる小学生に、たまらず手を出しちゃった保健医。
こちらもなかり変態じみてますw

『星降る夜の秘密のおはなし』 は、お隣のお兄ちゃん(多分
大学生くらい)と小学生。一緒に屋上で流星群を見てる時に
致しちゃうという。やっぱ変態っぽいw

『目隠しの時間』 は、亡くなった姉の恋人と、姉の代わりで
いいからと関係を持つ弟という、唯一シリアスな話。弟は
中学生くらいかな。

そんなわけで、かなり変態な話も半分くらいありますがw
基本、子供さんもお兄さんに好意を持ってのことなので、
騙されてる感が少なくて、比較的読みやすいのでは。
って、ショタ苦手な人が、無理矢理読まなくてもいいと思い
ますがw 個人的には、別に得意な分野でもないけど、ただ
エロいだけでなく、それぞれに味があり楽しかったので、
満足です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








PET [ペット]/日輪早夜 【花音】

 
〔2002/3/29〕

★★★☆☆

「ロウ・・・その拾いグセはいつか命取りになるぞ」
愛しの恋人セイシンの反対を押し切り拾った、高級愛玩
動物のPET。それが事件の発端になろうとは・・・・・・
来襲する謎の男達、消えた恋人・・・

'06年発行の 『約束の月』 で過去の話が描かれていた
二人です。実はこの『PET』では、一応二人が子供の頃
から一緒で、今では恋人同士でラブラブというのが描か
れてはいるのですが、アクション方面が多めになってい
るので、そこまで二人に関する情報がないんですね。
なのでこちらから先に読んだ人は、もしかしてちょっと
ラブ面が物足りないかも。

その点、私は『約束の月』から先に読んでいたので、も
っと更に強い二人の絆を知っていたことで、より楽しく
読むことができたように思います。たまたまだけど、この
順番で読んで大正解。


何でも直ぐに拾ってきてしまうロウが、高価な愛玩動物
PETを拾ってきたことによって、PETを連れ戻そうとする
組織に追われ、そしてロウのいない隙に、セイシンとPET
が攫われてしまい・・・ という話に、ちょっとしたネタが
仕込んであって、ハラハラドキドキしながら読んじゃい
ました。

とにかくロウのノーテンキで、直球で愛をぶつけてくると
ころと、クールなんだけどなんだかんだ言いながらも、
ロウのラブパワーにはおとなしく流されちゃう、ちょっぴり
乙女チックなセイシンというカップルは可愛い。
4話の、ロウがつかまってしまってから逃げ出すところで、
二人が向かいあって話すときの、ロウがセイシンの顔を
両手で持ってしっかり目を見ながら話すところの、この
セイシンのしょんぼりぶりが絶品だったわ。

そして泣いた、博士に。何つう悲しい話なの。博士とPET
のラブのことじゃなくて、父親との話です。お父さんに褒
められたい為だけに研究者になったのに、そしてPETが
研究室から一緒に逃げようと誘った時も父親を選んだの
に、あの仕打ち。あぁこれ、ご都合主義でも何でもいいから、
ひょっこり出てきて、実は生きてたよ〜って終わって欲し
かったよ。そんでPETちゃんは博士に引き取られて、ロウ
達もまた元のラブラブ生活ってね。そこが残念。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村



HMV ONLINE






音楽室/日輪早夜 【花音】


〔2000/8〕

★★★☆☆

運命の恋。それは合唱部の先輩・内村を知った時に始まった・・・。
欲望のままに放課後の特別教室で先輩と交わす秘密の特訓!!

中2の西森が、三週間前に行われた合唱部の部活発表会で
伴奏担当の先輩・内村に一目惚れ。その後すぐに合唱部に
入部し、クールな先輩に弾みで告白してしまったら、意外
なことに、Hできてしまって・・・ という始まりから、まぁ
なんか、先輩と関係のあったピアノ講師など出てきたりし
ての色んな展開があったりするけど、西森の想いは変わら
ない、って感じの元気に一途な受ちゃんの話。ピアノ講師
が、内村が子供の頃から関係していたので、ショタ有り。
あとは短編の『ふたりぼっち』は双子近親相姦、『SNOWY
NIGHT』は、超ショタ、『空に続く窓』は幽霊、とバリエ
ーション豊富だけど、敬遠されそうな偏り方(笑)

私もショタはそんなに得意な方でもないので『SNOWY
NIGHT』は若干大人がヘンタイに見えるんですが、まぁでも、
少年の孤独を感じ、愛しいと思っちゃう気持ちもわからんで
もないかな。同意の関係で、オチにも温かさがあるし、なん
とか大丈夫。
『空に続く窓』は死人に弱い(+大事な人を亡くした人にも
弱い)ので、うるうるきちゃいました。話としてはそんなに
深くもなく、むしろクサさが目立つかと思いますが、嫌いじ
ゃないです。

そんなわけで、'97〜99年くらいの古めの話の詰め合わせで
したが(表題作シリーズが初商業誌作品)、普段から「ショ
タ作家」だとおっしゃってる、その原点を見せてもらったよ
うで面白かったです。個人的には、今の、ちょっと頭良さげな
メガネ攻(思いっきり『キミの温度』が浮かんでるw)で
普通サイズの高校生同士とか、『今宵、君に酔う。』みたい
なリーマン同士が、断然好きですけどね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







おひさまのタマゴ/日輪早夜 【ASUKA】


〔2004/2/2〕

★★★☆☆

高校入学早々、ひょんなことからUFO研究会に仮入会する
こととなった一互瀬雄大。スキンシップ多めに懐いてくる
円(つぶら)先輩に、「いちごちゃん」なんて呼び名を付
けられて、なぜか同好会の資金稼ぎのため、便利屋として
学園内でお金を稼ぐハメになるのだが、入会を決めた途端、
円先輩にどさくさに紛れてキスなんてされちゃって!?
その上、犬の代わりってどういうことなんだよ!!

本当は天文部か運動系の部活に入ろうと思っていた新入生
のいちごちゃんが、宇宙人に囚われたことのあるという、
不思議な先輩・つぶらに懐かれ、怪しいUFO研究会に入れら
れ、変な人だと思いながらも、先輩のことが段々気になっ
ていく・・・という、天然美人×元気なコのライトな話です。
体育祭で対決、みたいなのがあんまり趣味じゃなかったけど、
あまり深く考えずに読めたからいっか。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








あてどもなく/日輪早夜 【ピアス】


〔2009/3/31〕

★★★☆☆

年の差25歳 恋のリミットは48時間

ボストンバッグに1千万円、家を飛び出したワケあるのゲイ少年・恭介。
職も家族も失った43歳、今はタクシー運転手の枯れオヤジ・古岡。
古岡のタクシーをジャックした恭介。行き先は「どこか遠くへ・・・」
そして北へ向かったふたりはその夜、何かに取りつかれたように
激しく身体を貪りあう。しかし、恭介が発した意味深な言葉に・・・

中央書店コミコミスタジオさんのページの予告編、エロ〜ス。
そんな表題作は、前後編のシリアスな話でちょっぴりバッドエン
ドな終わり方なのが切ないですが、日輪さんにしては珍しい作風
で、なかなか雰囲気がいい感じでした。

他に4編の収録。
『キラキラ』は高校時代に付き合っていた先輩後輩が、卒業を
前に先輩が別れを告げ関係が終わり、数年ぶりにお坊さんと
造園業者として再会するという話。告白シーンはキュンとさせる
のが上手いなぁ。

『雨降花』は、雨の中マンション前で立つ青年を家に招きいれ、
やがて関係を持った会社社長だったが、実は青年は彼を恨んで
いて・・・という話。どこかで見たことのあるような気もしますが。
衝動的に理性が切れる感じがたまんなかったのでOK。

『切れない関係』大学時代からの先輩後輩で、会社も一緒で体の
関係にある二人。後輩の方が先輩を好きで、でも先輩は常に彼女
を作ってはすぐに別れる状態。その度に慰め役となる後輩だっ
たが・・・というリーマンラブ。あーこれ、もう少し余韻が欲しか
った〜。

『彼の背中』も会社の先輩後輩。ノンケの先輩を好きになって
しまった、と思っていたら実は同類で、1年以上関係を続けて
いるんだけど、恋人ではなくて・・・ とまぁありがちな話なんだ
けど、雰囲気が良い。

というわけで、ピアスなので、いつもの日輪さんより若干年齢
高めのアダルトラブ。絶対に毎回、グッとくる部分を作ってく
れるので、ありがちな話でもキュンとすることができて、い〜
んですよねぇ。そしてあとがきの、自己満足なネタの幼稚園の
園長さん(ゲイ)×ヒゲやもめ(ノンケ)。これ自分的にかなり
好きですし、多分おおかたの人が好きだと思いますけどね(笑)

そういう感じで、ショタからオッサンまで幅広く描ける上に、
話にメンドクサイとこが一切なく、とても読みやすいし共感しや
すい作風なので、どんどん読ませて欲しい作家さんです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







mf −メゾフォルテ−/日輪早夜 【花音】


〔2006/3/29〕

★★★☆☆

結ばれた直後にお別れなんて!?

吹奏楽部でサックスを吹く律と奏汰はある夜、秘密の
キスをきっかけに急接近するが、奏汰の突然の引越し
により引き裂かれてしまう。でも高校生の二人にはど
うすることもできなくて・・・。
まっすぐな恋。貪欲な性。想いあう心は距離を越えら
れるのか。

前後編+描き下ろしと、短編が3本。
表題作は、マイペースでどんどん律を巻き込んでいく
奏汰と、ちょっとドンくさい感じの律が初々しくて
すごく可愛い話だったなぁ。恋のドキドキが上手い。

『ミスターブラフマン』は酔っ払ったカッチンがすげー
可愛い。
『恋する三角形』は女の子が間に入っての三角形だけど、
誰が誰を好きなのかは一目瞭然だったので、あんま不快感
も無し。強引な修平に落とされる日も近いってことで。
『上を向いて歩こう!』は経営の苦しい小さな町工場を
親から継いだコが、信用金庫に就職した同級生に再会する
という。短編はやや古めですけど、どの話も軽快で明るく、
とっても楽しかったです。日輪さんらしい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







日がな一日/日輪早夜 【花音】


〔2005/6/29〕

★★★☆☆

亮(たすく)のルームメイト孔明は手芸好きで、しかも亮に
「俺のダンナ様候補だ」とせまってくる変わり者。でもひと
つ屋根の下暮らすうちに、ピュアだけど強引な孔明の素顔を
知った亮は、急速に惹かれてしまう!?

親の急な海外転勤で、学校の寮に入ることになってしまった
亮。しかもルームメイトは、手芸が趣味のファンシー好きの
ちょっと困った男・孔明。いきなり勝手にシャツに刺繍され
て怒る亮だったが、孔明のそれは人を喜ばせたいというとこ
ろから来たもので・・・
という、何か変な同級生に絆されちゃうという、可愛い話の
2話。あ、当然ダンナ様(亮)受です。

それから、シリアスな中盤が衝撃の『コオロギとタロ』が3話。
小学校からの同級生で、おとなしかったことと、その名前の
せいでイジメを受けていた神路祇(こうろぎ)と、そんな
神路祇を庇ってくれ、いつも気軽に声を掛けてきたタロ。
高2になった神路祇は、親の都合でアメリカに行くことに
なってしまい・・・

多分お互い好きで、まだゆっくり見極めていけばいいや、
くらいの感覚のタロと、日本を離れることが決まってしまっ
て焦りを感じる神路祇の、すごく微妙な位置での攻防が面白
かったです。そこまでイジメなくてもいいやん〜と思って
しまうくらい可哀想な状況でしたけど、それでも復活した
神路祇がちょっとカッコイイな。メガネを上げる仕草、萌え〜。

前半と後半で全く違うトーンのものを読めて楽しかったです。
個人的に、孔明にはずっとメガネをかけてて欲しかったが。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







俺たちはここで恋をする/日輪早夜 【KAREN】

 
〔2006/11/28、2007/10/27〕

★★★★★

〔1巻〕
 時を超え、熱く抱きしめる恋。
お茶の稽古をサボって忍び込んだ古寺で、突然現代から
戦乱の世にタイムスリップした柳瀬水生(みずお)。
“儂と出会うためにお前は、この時代にきたのだ”という
領主鷹景(たかかげ)に惹かれる水生だが・・・・・・。

〔2巻〕
 一生傍にいろ。 お前は俺の、命だ・・・
戦乱の最中、二度目の巡り逢いをした鷹景と水生。
「どれだけお前が恋しかったか。もうはなさぬ・・・」
「今度こそずっと傍にいるよ」
抱きあい、共にあることを誓いあったふたりだったが、そん
ななか鷹景に婚姻話が持ち上がって・・・!?
領国と、民と、戦と・・・そしてその間に揺れるふたりの想い
は、結ばれるのか?


茶道の先生の息子で、普通の高校生・水生が、お茶の稽古
をサボって忍び込んだいつもの近所の古寺で、何といきな
り戦国時代にタイムスリップしてしまう・・・
という、一見めんどくさそうな設定ですけど、これがどう
して、解りやすい解りやすい。どんだけ親切かつライトに
まとめてくれてるんだと、日輪さんの創作力を実感しまし
たね。伏線もバッチリです。

しかも、出会って打ち解けて、ずっと一緒にいたいな、な
んて思い始めてたのに、自分の意思とは反対に、いきなり
現代に帰れちゃって・・・という風に、1話だけで既に結構
な進み具合で、そんなら今後どうなるの!?って気になっ
て仕方のない話の振り方をしてくれちゃってるので、もう、
まんまとハマっちゃいましたね〜。

どの辺が良かったのか説明したい気持ちはあるんですけど、
何かすごくダラダラと書いてしまいそうなくらい、いい場面
が多かったなと思ってて、纏めるの難しいです。
設定もキャラも、小道具も脇役もキュンとさせるとこも笑わ
せてくれるとこも、全体的にバランスが素晴らしかったです。
ま、一番は、鷹景と水生のキャラの良さですよね。鷹景が
豪傑、だけど水生に一途な可愛らしさもあり、水生は本当
に普通の男の子で弱い面もあるけれど、実は結構な意地っ
張りだったりして。ほんと、バランスがいいのよ、マジで。
時代モノ・・・と思って敬遠してたら勿体無いことになるとこ
でしたねぇ。良かった〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。










あるく想い/日輪早夜 【花音】


〔2005/3/29〕

★★★☆☆

平賀家の長男・幸福(ゆきはる)は再会した幼なじみの
真にキスされたりハグされたり熱烈に愛され中。最初は
拒んでいた幸福だけど、ドキドキはもう止まらない。気
持ちの次はカラダの関係になる日が異常に気になって!?

『幸福のスゝメ』『キミの温度』と続いたシリーズ
の3冊目は読みきりの連載で、2カプに三男の話も1話
入ってます。

『トモダチ以上』は、まだ、男同士で付き合うって、どう
なんだと思っているハルと、でも拒絶されたわけではない
のでゆっくり行こう、と思う真。と、彼ららしいゆっくり
ペースを選択する話でほのぼの。

『愛しのメガネ君』は鼻メガネが超ツボる。やっぱみのり、
最高。

『金色の葉』は三男で中3の寿と、クラスの優等生・佐伯。
佐伯目線の、寿から何だか目が離せないという、恋の手前
な話で、ほんわか。

『平日の休日』は、瑞雲が風ひいて寝込んでというネタ。
またしてもみのりがおっさんくさくていいぞー。この二人の
甘いシーンはすごくクル。

『親友以上』前回の寝込んだときに、瑞雲がみのりと間違え
て真にキスをしてしまったとこに、偶然居合わせてしまった
ハルは、それから真と瑞雲を避けるように。何でそんなに
怒っているのか・・・という話。ラストの真のヘタレ入った告白
がいいね。彼の優しさが出てる。

『それから』は、そんな気持ちが通じ合った二人が、さぁて
その先どうしましょう・・・って話。意識しまくりなハルに、
こんなんでデキるのか?って感じでしたが、案外あっさり
決意した、彼はやっぱり男、って感じでしたね。

描き下ろしの『それからのそれから』は、やっぱりみのりが
アホで面白かった。すごくいい感じにまとまりましたね。
というわけで、これはその後の彼らも見てみたい気がします
ね。といってもきっとずっとこんな感じで、変わりそうにな
いと思いますけど。みのりはエリートリーマンとかかな。
真はハルとお店とかやってて、エプロンしてても似合いそう。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








<< | 2/3PAGES | >>




イトラコナゾール