selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





キング&プリンス+カイザー/藤崎こう 【BBC】


〔2009/4/10〕

★★★☆☆

キング&プリンスと呼ばれるWモテ男・隼人と敦。
しかしその実態はキング・隼人に抱かれるプリンス・敦
だった・・・! 毎度ベッドの上で隼人に乱される敦は、そ
れを素直に受け入れられない。そんなツンデレ敦の前に、
伝説のヤリチンOB・カイザーが現れて・・・!!

こンの、バカップルが〜(笑)
前作 『キング&プリンス』 の続編です。
それぞれ、「キング」「プリンス」と呼ばれている、合コン
サークルのツートップ・隼人と敦が、実はデキちゃったとい
う前回でしたが、今回は付き合い出して、元々ベタ惚れな隼人
は好きだと何回も言ってるのに、敦の方は流されたようなとこ
ろがあるので、自分の気持ちを考えたこともなければ、勿論
好きだと言ったこともなく。そんな敦に隼人が拗ねたりして。
敦のツンデレと、隼人のクールだけど意外にヘタレで、やっ
ぱり絶倫(笑)みたいな、ラブラブ具合が非常に楽しかったです。

+カイザーは、その合コンサークルの発起人で、今は起業して
いる、敦の憧れの榊原先輩というイケメンのことです。
どうも隼人に素直になれず天邪鬼になってしまう敦が、話や
すい榊原先輩に相手が隼人だと知らせずに恋の相談をして・・・
という、まぁとってもエレガントな当て馬でしたね。
酔って甘えて誘い受な敦が可愛かったし、惚れた弱み的な隼人
の包容力にも萌えました。ラブラブでよろしい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







虜になった・・・獣/藤崎こう 【花音】


〔2004/7/29〕

★★★☆☆

大企業藤堂グループの御曹司・一輝は、恋人で超多忙な
敏腕秘書の西條千春を助けたいがために極秘で父の会社
に潜り込むが、そこで千春に見合い話があることを知り・・・。
固く結ばれた二人の愛に、今世紀最大の危機が訪れる!!?

忘れてました。獣シリーズ何冊目? 
『・・・ヴァージンラブ。』『・・・純愛の青年』の間に入ります。
その2冊が、大郷×カオルのカップルメインですが、これは
千春×一輝メインです。
一輝が一般社員に身元を偽ってバイトで入社したとこ。途中、
取引先の大郷と意気投合したとこに千春 嫉妬、な場面もある
ので読んでおいた方がいいと思いますが、読んでないままでも
他の巻で充分補足できているので(こういうとこが巧いし、親切)
特に問題ないと思います。読んだら読んだで、いちゃいちゃ
ぐりゅぐりゅが楽しかったので、個人的には満足〜。エロいな〜。

1編入っていた子供(昇太)が出てくる『ぼくのおうち』は
何かのシリーズのようですが、知らなくても面白かったです。
てか、描き下ろしで昇太と千春や、一輝と夕飛(『ぼくの〜』
の受)が出ていることから、近親者なんでしょうかね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







愛しのスウィートボイス/藤崎こう 【BBC】


〔2009/1/31〕

★★★☆☆

一【耳】惚れの恋は、声が出なくなるまで

高校生の拓は、バイト先で一緒になった紗聡(さとし)の
美声に一【耳】惚れ。お子様声がコンプレックスだった拓
は、自分の理想の紗聡を追いかけるうちに、いつしか恋に
おちて・・・!?

以前読んだ、『セクシー・クールボイス』の前の話で、新装版
で再販されたので、この機会に読んでみました。『セクシー〜』
の方も、今週末に新装版が出るようです。

内容はまぁ普通に楽しいです。紗聡が大学演劇界の星みたい
な位置づけで、拓と付き合ったせいで芝居に身が入らなくな
ったと、紗聡の友人の演出担当者に文句言われて別れるハメ
になったけど・・・という感じ。お互いにお互いの声が好きなよ
うで、Hの時にメロメロになっちゃうという、結構エロなカッ
プルです。ここで恒例の「ぐりぐり」「ずちゅ」は無かった
ですけど(別の擬音は勿論ありますが)描き下ろしでちゃっかり
見れたので、思い切り笑いまくってしまいました。ここ数年、
作者さんの十八番なんですよね〜。

あとは00年に描かれた『蜜月という名のあかずの扉』が2話。
御曹司が、元教育係で現小説家の哲理に11年越しの思いを募
らせ、今は哲理のマンションに足繁く通い、家政夫として尽
くす日々だけど、実は二人は両想いで・・・という年下攻の話。
普通に楽しい。

そんな感じで、両方ともやや古いですが、特に違和感もなく。
というか、むしろ表題作の頃の絵の方がよかったのでは。最近
どんどん魚顔が酷くなっていってるし。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








プレイボーイ・アムール。/藤崎こう 【花音】


〔2007/5/29〕

★★★☆☆

貴族出身でエヴァンス社の社長イアン・エヴァンスの
有能な秘書・真田学の毎朝の仕事といえば、イアンの
ベッドから一夜の相手を追い出すこと。
密かにイアンを愛している学は屈辱に耐えきれず、あ
る夜ついに自分のカラダを差し出したが・・・。
肉体はアダルト、でも心はピュア。だから苦悩する初
めての本気恋愛。

『・・・純愛の青年』で、カオルの元セフレとして登場
したイアン。カオルの幸せを見届け玉砕。そしてやっと
一番自分を想ってくれている人の存在に気付くという話。
そのお相手、秘書の学は4年前からイアンのことを想い
ながらも、支え続け耐え続けてきたという、超健気受。
イアンがキレ者のくせに鈍感、学がやたらとネガティブ
なため、どうなっちゃうんだ!?って感じでしたけど、
最後はやっぱりラブラブっつうことで良かったです。


あまりの衝撃に鼻水出た・・・
 ↓




「入りませんか?」  てれちゃう  じゃ、お邪魔します。ってか〜。
自主的にボカしてみました。ももいろで。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







獣は愛で、癒される。/藤崎こう 【花音】


〔2006/5/29〕

★★★☆☆

かつて大企業藤堂グループの御曹司であるがために真の愛
に飢えた少年だった一輝は、お世話係・西條千春により救
われた。肉体ごと深く愛し合うようになった二人にとって、
もはや何も怖いものはないかに見えた。
ところがある日、千春がグループ乗っ取りを企てていると
の怪文書が届く。その差出人により、千春の知られざる過
去が暴かれ・・・!?

お〜。ラブラブしてるだけかと思ったら、まさかの千春、
グループ乗っ取り説が。しかもそれを暴いたのが実の父親
という、ドラマティック展開になってます。ん〜読ませる。
強いばかりだと思っていた千春の思いがけず弱い部分を
知ることが出来て、一輝もまた成長し、益々トップに立つ
男に育っていってる感じですね。

それにしても言葉責めには笑いました。ただのエロオヤジ
やん〜。あとはラスト1話の大郷×カオルのラブラブも見
所でしたね。カオルがどんどんデレの部分を発揮していき、
それに見事に応える大郷。ん〜萌え。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







・・・純愛の青年/藤崎こう 【花音】


〔2005/6/29〕

★★★☆☆

日本を代表する藤堂グループ秘書課に勤務する桐嶋カオル
は、米大企業専務の大郷幹壽と「昼はビジネスパートナー、
夜は恋人」という大人の関係を続けていたが「会社を辞め
て一日中大郷とSEXしていたい」と思うほど身も心ものめり
込む。しかし元上司のイアンが現れたことにより、大郷を
試すような行動に走ったカオルは、ついに大郷に愛想をつ
かされ・・・?

これの前に、『虜になった・・・獣』という、千春×一輝の一冊が
あります。手元にないので飛ばしましたが、繋がり的に全く問
題無さそう。一応後日購入の予定です。

『ヴァージンラブ。』でのセフレ関係から前進し、恋人同士に
なったカオルと大郷。大郷にキツイ態度をとってしまい、ケン
カして・・・ でも折れることを覚えたカオルにちょっと感動。

そんな上手く回り始めた二人の前に、カオルの昔のセフレ・
イアン登場で、メラメラと燃え上がる大郷の嫉妬・・・ 萌え〜。
しかしそれがカオルのトラウマを呼び起こすことになろうと
は・・・ キャー。  ・・・って気絶してるのにホってる(笑)
どんだけ(ヤるの)スキなんだと。この二人いいわ。
ま、相変わらず本編読んでない人にはさっぱりわからん感想
で申し訳ないですけど(いつもか)こんな感じであと2冊分
書きます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。










・・・ヴァージンラブ。/藤崎こう 【花音】


〔2003/10/29〕

★★★☆☆

日本屈指の藤堂グループ秘書課・桐嶋カオルと、米大企業
専務・大郷幹壽はビジネスパートナー。そして夜は最高の
SEXフレンド。ただし溺れるのを恐れるカオルは、大郷
の両腕を縛る事を条件にあげた。しかし、なお求め続ける
大郷の強い愛に、ついにカオルは捕まってしまうのか!?

前作、『美しき獣たち。』では、一輝を焚きつけるようなイヤな
奴で登場していたカオルが主役です・・・ が、こっちも面白い!

一度きりの関係で終わらせるつもりが、仕事の取引相手と
して再会して・・・というベタな始まりから、前作では見ら
れなかった、カオルの乱れっぷり、女王様ぶり全開で、
一気にこちらのカプも好きになってしまいました。
「大郷の豹柄パンツ」「Ilove you」、いつもの「ぐりゅ
ぐりゅ」とバイクで登場には思わず笑ってしまったんです
けど、何かそういう部分も含めて藤崎作品のエンターテイ
ンメント性の高さを形成しているんだなぁと思いますね。
決して笑わすつもりとかないんでしょうけど、ニンマリし
てしまうような独特の味が、クセになっちゃいます。

このカオルについていける大郷がとにかくスゴイ。受に
ベタ惚れという点では千春と同じなんだけど、もっとこう、
あ〜猛獣使いみたいな(笑) でも飴と飴、みたいな。カオル
に欠けている部分を上手く補える、たまらなくイイ男です。
それにしてもこの二人、相当エロい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







美しき獣たち。/藤崎こう 【花音】


〔2002/10/29〕

★★★☆☆

藤堂グループの御曹司・一輝は、秘書兼お世話係の千春
とSEXはする。でもキスはなし・・・。「恋人未満」じゃ
物足りない一輝はついに世紀の大告白を決意した!!

これの前の作品、『ハッピーヤローウェディング』
脇キャラで登場していた2人が主役になったもので、以降
「獣シリーズ」というのが多分6冊かな?出てます。
1冊手元にないようですけど、一応順番に感想書いていき
ます。(最新作『溺れる獣の恋人。』は読んでますね。→感想

一輝が10歳のとき、22歳の千春が教育係として藤堂家に
やってきた。それから12年。大学に行かず女と遊びまくっ
ていた一輝にキレた千春が一輝を強姦したことがきっかけ
で、二人はカラダの関係に。しかしキスだけはしてくれ
ない千春。それには理由があって・・・

そんなわけで、千春のことが好きで恋人になりたい一輝
と、12年間一輝を大事に守ってきたのに、自分の独占欲
で一輝を壊しかねないことが恐くて仕方ない千春という、
二人の想いが激しく甘く描かれているので、キュンとし
ますね。ん〜うまい。 クサいんですけどね〜。千春の
Tバック(と股間)が気になったりするんですけどね〜。
楽しいんですよね〜。

後半は、千春の従兄弟で、キレ者の桐嶋カオルという
キャラが登場し、すわ、一輝留学しちゃうかぁ?とい
う展開もあり、ハラハラですわ。で結局、千春のより
深い想いを知ることになり・・・ くぅ〜、千春が一輝の
ことを好き過ぎで可愛がりすぎなとこが好きだぁ。

あ。何か全然マトモな感想書けてないですけど、ま、
とにかく結構ハマる。特に今作は、攻が俺様すぎてない
とこがラブ度高めでいいんですよ。会社での仕事はバリ
バリで、家ではメロメロ。千春はある意味ツンデレか?
さぁて、次読むかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







抱けない時間/藤崎こう 【BBC】


〔2007/5/10〕

★★★☆☆

人気サッカー選手・凱は新オーナー・唯人から「毎夜
の奉仕」を命じられる。学生時代は親友だった二人、
体だけの繋がりに、心を蝕まれていき・・・!?

10年前の高校の卒業式、唯人は親友だった凱から「卒業
してもずっとダチでいよう」と言われた。それは凱にと
ってずっと一緒にいたいという想いから出た言葉だった
が、それ以上を望んでいた唯人にとっては受け入れられ
ないものだった。そして10年後、モデルもこなすイケメン
サッカー選手となった凱は、チームを買収し新オーナーと
なった唯人と再会する。唯人は、チームに不利にならない
運営にすることと引き換えに、凱に身体を求めてきて・・・

というちょっぴりアダルトなラブです。ダチでいようと
言われたことに恨みさえ覚えていた唯人にとっては、凱
を自分の思う通りに扱えば、少しは気が晴れるんじゃな
いか、みたいな思いで関係を始めるんですけど、まぁね、
二人の中にはそれぞれ秘めてた想いがあったわけですよ。
遠回りぃなじれったさがいいですね。(しかしあの顔○
の顔は恐すぎる・・・)

あとは短編で『初恋の男』と、かなり古い作品『極楽ジ
ゴク』というのが入ってます。『初恋の男』は幼なじみ
的なラブで結構エロス、『極楽ジゴク』はヤクザと金貸
しのオバカエロで、どちらも楽しかったです。

またぐいぐい(笑)やってました。あとズルッ→ズンも
結構毎回ありますよね。最近そこで笑っちゃうんですよ
ねぇ。なんか、笑っちゃう自分に笑っちゃうみたいな。
ナニがゴツゴツしているのもどうしても気になる・・・って
そんなトコばっか見てるわけじゃないですよ。ダゼ系で
ちょっとセリフがクサめなとこも絵のクセも、慣れたら
結構はまるし、そんな彼らが時折見せる弱っちい部分も
愛しく思えてくるし。個性的でイイですよね。面白い。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








溺れる獣の恋人。 /藤崎こう 【花音】


〔2008/5/29〕

★★★☆☆

大企業藤堂グループの御曹司・一輝は、将来会社を継ぐ
ために身分を隠して父の許で修行中の身。
新たな教育係の出現により、恋人で十二年来のお世話係
・千春と愛し合う時間は奪われてしまう。いつしか臨界
点を超えてしまった千春が取った行動を果たして一輝は
許すことができるのか・・・。

獣シリーズ何作目なんでしょうか。感想書いてませんけど、
数冊続けて藤崎こうの花音作品を読んだときがあったので、
(読むだけで疲れて書けなかったので、そちらはまた後日)
多分この前のも読んでると思います。

感想は・・・千春絶倫〜。一輝が気絶しても尚、一晩中ヤリ
続けるというとんでもないやっちゃ。
社長の息子ということを隠し、会社でアルバイトをしながら
勉強している大学生の一輝と、彼を12年も面倒見てきて、
今は恋人になっているやり手秘書の千春のラブ。

最初は多分、一輝を愛するあまり、強姦で手に入れてしま
ったけど、今は2人は愛し合い信頼しあっています。仕事
の時は冷酷で、いたって冷静な千春の方が、どんどん深み
にはまっていってしまい、今回は監禁まがいなことにまで
なっちゃってます。

エロいし、クサめだし、顔は魚だし・・・と思っていても、
一途な姿や、愛しそうに抱き合う姿になぜか毎回キュキューン
ときてしまうのが、この人のすごいトコ。そして新作出たら
読まずにおれないという。





<< | 2/3PAGES | >>




イトラコナゾール