selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





イロメ/草間さかえ 【ディアプラス】


〔2008/7/30〕

★★★★☆

そっけない銀縁眼鏡のむこうから、野田先生は俺に信号
を送る。ここ、テストにでるぞ。ここ覚えとけよ。
・・・・・・でも、先生、ほんとに送りたい信号はそれなの?
先生と生徒、先生と卒業生、先輩と後輩、幼なじみの同
級生。校舎の中で生まれ、育ってゆくいろいろなイロコ
イを描いた、描き下ろし満載の草間さかえ傑作読み切り連作!

 先生は 試験に出る大事な所で 教室をぐるっと見回す
 だけど先生と目が合うのは いつも俺一人で
 その時先生は 俺を くすぐるような目でみるから

いーですね。今回はかなり直球で明るめ、恋愛色強め
の話ばかりだったので素直に面白い!と思えました。
話は直球だけど、キャラのひとくせ、は変わらず、その
にくたらしさがたまんない。
あとやっぱり、視点が面白いんですよね。特になぜか印象
に残ったのは、子供時代の光彦とナオシ。綺麗なカエルさ
んを大事にするから連れて帰りたいという光彦にナオシは、
「もし今 大きな手が下りてきて 俺がもってかれるそれで
一生会えなくなったら・・・・・・・」キャーッ みたいな。
ナオシの挙げた両手がいい。
この二人、次の『あつくてつめたい』の冒頭でも、何か
とってもツボな動きしてるんですよね。こういう子供時代
見せられると、やっぱ幼なじみ萌えだよね〜って思います。
飾ってない部分を一番知ってるっていうね。

『カオス』は、ザ・ネガティブ!って感じの白川センセ。
しかも、フラクタルって意味わかんねぇし。でも何かこの
ダメさが可愛いんだよな。そんなセンセを好きな壬生谷に
萌えますな。

そんなわけで、3回くらい読みましたけど、読むごとに漫画
としての上手さを実感してます。ふとした構図に上手いなぁ
と思わされることが多々あり、つい隅々まで観察しちゃって
ます。さすがやね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール