selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





十文字蓮二の苦難/ふさ十次 【ミリオン】


〔2006/9/25〕

★★★☆☆

警視庁に特別調査チームが編成された。班長に任命された
十文字蓮二の元に、最愛の甥っ子・十文字大輔が配属される。
早く昇進して蓮二の手助けをすることを夢見る大輔。
伯父バカな蓮二は十年振りに再会した大輔に戸惑いながらも、
成長を見守ろう!とカラ回り。大輔を狙う高校の先輩・上岡
もチームに配属され大混乱!?

あれだな。枯れオヤジスキーにはたまらんだろうな。(もち、
バリ受っすよ。可愛い甥っ子のためだもんっ。)
前半は、上岡先輩の攻撃を天然鈍感パワーでかわす大輔と、
大輔を親の気持ちで気にする、けど口出しする勇気はない
蓮二という感じで、蓮二の語りが多いので、もうちょっと
ギャグっぽいのかと思ってた自分は、淡々としてんなぁー
と思ってましたが、3話で大輔の本性が出てきてからは、
だいぶ面白くなったと思います。
ってか、あれですね。前2話は連載分で、残り3話が描き
下ろしなんだ。どーりでまとまり具合に差があったわけだ。

蓮二の目線が、だいぶマトモな大人な感じだったので、
こんな二人がくっつくのかぁ?と思いつつも、最後らへん
は結構感動する場面もあったりして、まぁ悪くはないです
けど、やはり前半の分、ちょっと物足りない感じはあるか
なぁ。個人的には、前半で大輔が腹黒いとこ見せてくれて
たほうが面白かったんじゃないかな、とも思いますけど。
どうも3話から違うコになってしまったような感覚があっ
て、そこが気になったかな。ま、普通に楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール