selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





三十一夜/ホームラン・拳 【ASUKA】


〔2007/3/1〕

★★★★☆

駆け出しの小説家・加納理は高校の同級生・里見辰夫と偶然
再会し、条件付きの“一ヶ月限定同居生活”を始めた。
「俺に出来ることなら何でも云ってくれ」と云った理の言葉
に身体の関係を迫る辰夫。しかしその態度とは裏腹に「この
約束が終わったら、もう会えないだろう」と悲しげに涙を零
すのだった。
三十一の夜を越えた、その先に二人を待つものとは!?

うーん、画力が素晴らしいっすよねぇ。この流麗な絵と構図
だけで、面白さ数割アップ。実は話自体は、まぁありがちっ
ちゃありがちな感じで、そこまで突出してイケてるというわ
けでもなかったんだけど、無駄のない描写の中に両者の想
いを漏らさず汲み取れることができるし、コメディな部分と
のバランスも良くて、すごく満足なのです。

最後の迎えに来た場面での辰夫の涙には、超つられてしまい
ましたよ。昭和30年代が舞台ということで、全編 和な雰囲気
もとても良かった。こういう魅せる構成というのを、どうか
見習っていただきたいものです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール