selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





大人になっても/佐倉ハイジ 【drap】


〔2008/6/25〕

★★★★☆

その人はいつも大きな背中を丸めて、それはもう真剣に、
マンガを描いていた。
高校の頃の先輩で、斉川さんという人。斉川さんは今、
どうしているだろう・・・。
数年振りに再会した斉川と三園。二人の恋の行方は・・・。

萌える萌える萌え〜る。
もー待ってましたよ、新刊っ。
1ページ目から主役が白目とかありえなさすぎ。

例えばギリシャに旅行に行っちゃうとか、アシスタントが
外人だとか、そんなこと後になって全然関係なくって、そ
こいらの温泉でも良かったし、ふつーに日本人で良いはず
なのに、そういう伏線とか全く無視な中で繰り広げられる、
ゆるいノリツッコミが楽しくて楽しくて。

ほんっと、出てくるコらがみんな魅力的なんですよねぇ。
今回、メインにメガネがいないという快挙(?)でしたが、
全く問題なく、むしろ脇でどこまでもアホ〜な空気を醸し
出してくれたサブめがねの後藤と野口が、相当ふざけてて
ツボでした。

ゆるゆるでオチの固まってないエンディングでも、どうして
かぜんっぜん腹も立たない。これを味として楽しませること
のできる面白い空気を出す人だ、ホントに。
そんでホッペ触ったり、キスしたり、抱きしめたりの密着
具合が、露骨なエロより色っぽかったりすんですよね。


かつて高校の先輩後輩だった二人が、漫画家と編集として
再会する『大人になっても』が2編。これはもう少し続き
を読みたい。
斉川さんと飲めて、頬を染める三園に、斉川が
ホッペをつねっとしながら「何だその顔 春の新色か。」
うふふ。いいわぁ。

干渉されたくないのではないかと一歩引いている大人と、
寂しいと言えなかった高校生の『君と不毛なラブストーリー』。
引き止めるシーン、イイ。まず誤る、と誠実な南淵さんがステキ。

連れ子同士の義兄弟ラブ『好きって言って許されますか』が
2編。弟が相当ヘタレで楽しかった。「にぃ にぃ」連発可愛い。


もうね、ヒイキだろうと言われても構やしません。
好きです、好きです。何回でも言います。好きです、ハイジさん。
あっさりめの絵の中に、魂こもってるんすよね。
キャラが生きてるな、恋してるな、と。ドラマチックでも
何でもないんですけど、心動かされるのですよ。

あ、忘れてた、表紙もイイ。大体いつもこんくらいの体格差
なんだけど、見たまえ、この攻の手の位置と、背中の丸め
具合。「デカイ攻が受に接する際に丸める背中フェチ」には
たまらんです。受の収まり具合もヨシ。
あ〜どんどん新作出して欲しいのぉ。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール