selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





滴る蜜の淑やかな誘惑/海老原由里 【Daria】


〔2008/4/22〕

★★☆☆☆

ワインバーのオーナー・有末響は、店長でもある幼馴染みの
都築総一朗に恋人が出来たことを寂しいと感じていた。
そんな有末の心を見透かしたような態度で接してくるソムリ
エの祐真健想。その意味深な視線と表情が気になる有末は、
祐真の仮面をはぎ取ろうとベッドに誘い一夜を共にするが、
逆に翻弄されてしまい・・・。

えっと、ふゆのさんの小説でシリーズになっているものの
漫画版ですので、小説未読の者にとっては、背景の説明が
足りないので、少々わかりにくく、感情移入がし難いです。
一応ふゆのさん原案なだけで、ほとんど海老原さんが自分で
作られたようですが。

妾の子で母親が仕事で留守がちだったため、幼い頃から
アパートの隣に住む、幼馴染みの総一朗と肩を寄せ合って
きた響が、腹違いの弟である孝介が芸能活動をしたいという
ことで、自分が犠牲になり成島グループの跡継ぎとなる。
自分がオーナーを勤める店のソムリエである祐真と関係を
持ってしまったことから、一生を成島に捧げると誓った
思いが揺らぎ始め・・・

ってな感じでしょうか。なーんかこうやって改めてパラパラ
めくってくと、やっぱ肝心の2人の気持ちに深さが見えない
といいますか。大人にしてはそんなに大人な恋愛じゃないな
ぁ、勿体無いなぁと思ってしまいました。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール