selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





千秋楽まで待って/高倉知子 【AQUA】


〔2007/12/12〕

★★★☆☆

歌舞伎の太夫である京也には、足繁く通ってくる客がいる。
名家・国立一族の若き総帥の国立貴臣だ。人目もはばからず
唇を重ねてくる国立のことを京也も憎からず想ってはいるも
のの、人気役者として簡単には落ちたくないというプライド
からなかなか素直になれない。
そんなある日、国立が美女と密会していると報じた週刊誌を
見てしまい・・・!?

プライドがジャマして素直になれない天邪鬼、といった感じ
のツンデレです。美女の存在を誤解したり、国立が他の女形
を支援すると聞き嫉妬したりと、ありがちっちゃありがち
なんだけど、雰囲気がいいので楽しめました。

初めて2人があった場面で、一人稽古する京也が失敗して、
「またっ なんでこんな簡単なことできないの・・・っ 馬鹿っ」
って自分の手をぺしっと叩くシーンがなぜか萌える。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール