selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





レンズ越しの微熱/かいやたつみ 【HertZ】


〔2005/12/1〕

★★★☆☆

「一緒に住まない?」 「断る!」
今をときめくIT企業の社長だが、実はアキバ系オタクの
タケオは17年間ずっと想い続けている相手がいる。
オレ様な性格でアンチ萌え系、しかも大のオタク嫌いの
フミちゃんだ。何度フラれてもめげないタケオだったが、
ある日、フミちゃんとデートすることになって!?

とことんワガママ、頑固モノのフミちゃんをナゼだか17年も
思い続けているタケオは、素直で優しいヘタレメガネ。
「おまえ、ほんっとに俺が好きなのな・・・」ってフミも自覚
できるほどにタケオはフミちゃん大好きなんだけど、フミは
ホモじゃないしな・・・と。フミも自分の性格に多少難アリな
とこも解ってるとこが面白い。「タケオよ・・・ 何でそんなに
俺が好きなのよ・・・」 ホントだよ・・・

そんな2人の恋をアシストするのが、フミの弟でタケオを尊敬
しているショーゴと、タケオの秘書をしている女子・川原さん。
特に川原さん、最初はタケオを狙ってる風だったのに、フミ
が潜在的にタケオの事を好きだということを暴き、とにかく
ズケズケ言ってくれるので、頑固なフミにムカツク読者として
は、もっと言ったれ〜!と、痛快。

結局ねばり勝ちのような恋ですが、あの素直じゃないフミが
あっさり受になっちゃうくらいにはタケオを好きだったという
ことで、何だかこっちも勝った気分ダゼ。
なかなかくっつかないけどテンポ良く進んでいくので、とても
続きが気になって、気付いたら結構クスクス笑ってました。
3年後は普通にラブラブだったし、良かったな、タケオ。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール