selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





蜂蜜の味/児島かつら 【マーブル】


〔2007/2/20〕

★★★★★

幼い頃から自分の性に対する異常に確信があった慎也。
一生隠し通す事を決めて彼女ができた矢先、同じ大学の
男からの告白。
「自分の性癖、気付いてんでしょ?」
驚きと同時に安堵感。境界線に立たされた慎也。
『解放』か『閉鎖』か?

全6編、甘いものつながりのタイトルになってます。
キタキタ、萌えた。メチャメチャ好きでした。
甘さと苦さとか、シリアスとギャグのバランスもいいし、
モノローグもツボをついていて、すっごはまります。
絵は可愛く、トーンも丁寧。メガネも上手いし、服装も
可愛い。『蜂蜜の味』の雄の透けサン,サンダル,
ボーダータンクとか、萌えすぎです。


奈義っぽい。

『蜂蜜の味』で、自分の性癖を自覚しながらも女を抱く責務
を感じている慎也が、笑顔を見せながら密かに語るモノローグ
「地球も人類も終りに近づいてんだし
 これ以上の繁殖は無意味なんじゃねーか?」
ってのがすごく印象に残った。





スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール