selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





流星と銀河/紺色ルナ 【GUSH】

〔2014/10/10〕

★★★☆☆

流星と銀河は幼なじみ。幼い日、流星にとって、1つ下の
銀河は何でも言うことをきく「犬」だった。けれど、銀河
から恋心をぶつけられ、流星は逃げ出した。親の離婚に乗
じて引っ越したのだ。なのに7年後、銀河が流星の前に現
れる。流星を追って転校してきた彼はいくら邪険にしても
つきまとい、ことあるごとに関係を迫ってきて・・・。 

表題作は3話+描き下ろし。
小学生ながらに男が好きだと自覚したことで父親に疎まれ
暴力を振るわれていた銀河。その銀河の唯一の味方だった
のは、1歳年上の幼馴染の流星だった。しかし7年前、銀
河に恋心をぶつけられた流星は咄嗟に銀河を突き飛ばし怪
我をさせてしまい、その後街を離れた。だが、銀河が流星
を追いかけ同じ高校に転校してきたことから、再び銀河の
一途な求愛が始まり・・・。

親との確執や怪我をさせてしまったというちょっと暗い土
台がありながら、それでも一途に想いつづけている銀河や
素直になれない流星にほっこりする感じもあり、あぁ紺色
さんだなという感じでした。もっとドロドロするのかなと
多少覚悟していたのでw、読みやすかったです。
あくまで主従な感じが崩れないところがいいなと思います。

『新しい扉』は、以前発売の「さよなら僕のプリンセスロ
リイタ」に2話収録されていた、ゲイバーで鉢合わせして
恋人になった、コミック誌編集部の古坂と神戸という攻×
元攻の話。うん、可愛い。良い意味で普通で良かったです。

『さよならバイバイまた会う日まで』は、義父との関係か
ら他人と接触することができなくなってしまった葵と、幼
馴染で恋人の椎名という「病みBL」に掲載の話。メリバと
いう、バッドエンドだけど二人にとっては幸福、がテーマ
の作品だったので、とにかく暗いし死姦もかなり衝撃的で
したが、何か嫌いじゃなかったです。永遠という感じで。
澄んだ空気なのにエグイという、紺色さん色が前面に出た
良作だと思いました。読み終えた今、何気にタイトルに
グッときちゃってます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール