selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





地上より10センチ/日野ガラス 【Daria】

〔2014/9/22〕

★★★☆☆

人と馴れ合う事を嫌い、学校で孤立している亮。どこにも
居場所なんてない。閉じ込めた想いにイヤホンで蓋をして、
これでいいんだと、自分に言い聞かせていたのに。亮のこ
とを好きだという基樹に出会い、世界が変わっていくよう
に感じはじめ・・・。ほか、初恋の同級生との再会を描く「青
に溺れる」など、思春期の不器用な恋をモチーフにした3
作品を同時収録。

3つの話を収録。
表題作は、誰とも関わりたくないと思っていた一匹狼の亮が、
自転車で同級生・基樹に怪我をさせてしまったことから基樹
に懐かれてしまい、最初は戸惑っていたものの、音楽の趣味
が共通していたことから親しくなり・・・という話。
基樹がワンコで可愛かったです。しかし相変わらずポエミー
で恥ずかしいw けどもう、大分慣れてきたかも。

『青に溺れる』(全4話)は、中学の時に友人・薫に欲望を
抱いてしまったことを10年経った今も忘れられずにいた
博久が、街中で偶然薫に再会。普通の飲み友達として過ごす
ようになったけれど・・・という話。
同性の友人に欲望を抱いている自分を醜いと思っている博久
がウザ・・・いや、健気かなw 気持ちを暴かれてしまうという
話の基本的な部分は嫌いじゃないんですが、何分ポエミーな
のがやっぱり恥ずかしくてですねw

『妄想の中の淫らな君』は、中1からの親友・陽向が自分の
ことを好きなんだろうということに気付いていて、自分も陽
向が気になってしょうがない恭夜・・・という高3同士の話。
何か色々とさっきのと似てますね。受の気持ちを暴きつつ、
攻もしっかりどっぷりという。

最近のBLの中では、1・2を争うセンシティブ風味な作家さ
んですよね。他にこういうポエミーなモノローグの人って誰
だっけか・・・と、居ると思うんだけどこの方以外にはパッとは
浮かんでこない感じです。今回もその辺はあまり得意ではなか
ったですが、描かれているテーマとかは青春臭くて好きなので、
トータルで嫌いじゃないです。絵もかなり進化したような。
是非ともこのまま突き進んで極めていってもらいたいところ
ですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール