selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





茶々恋々〜桐生茶道具専門店〜/キサユキ 【麗人uno!】

〔2014/8/7〕

★★★☆☆ 

明治から続く茶道具店の店主・桐生光孝は、後継した店の
再興に邁進中。しかし、茶道界ではまだまだ若輩な桐生には
後ろ盾が必要で、北万家の実力者・有馬にその身を投げ出し、
庇護を受けていた。有馬の「お気に入り」は茶道界では公然
のことだが、それが意味するコトを知っているのは、桐生の
同居人・名波伊織だけ。父の死から有馬に初めて身体を奪わ
れるまで、全てを知っている伊織は桐生にとって特別な存在
であり、必要な支えだった。ところが、和菓子屋の跡取り息子
・瀬戸倫太郎が5年間の修業を終えて戻ってくると、「あなた
を守りたい」と告白されて・・・。瀬戸から寄せられるひたむき
な想いに動揺する桐生。そんな桐生を見て、伊織も心中穏やか
ではいられず・・・?

前回のデビューコミックスが大衆演劇の話だった作家さんで
すが、今回は茶道の世界というまたしても和が舞台です。

亡くなった父の跡を継ぎ老舗茶道具店の店主をしている桐生
に惚れて、5年の京都修行を終えて実家の和菓子店を手伝う
ために戻ってきた、元はチャラい高校生だった瀬戸が、訳あ
って桐生が、北万家家元の内弟子である有力者・有馬に抱か
れていると知り・・・という、薄幸美人と年下ワンコの話。

あらすじを読まずに読んだので、思ったよりもドロドロでび
っくり。理由があるにしろ、受が色んな人と関係を持ってい
る設定があまり得意じゃないのと暴力的な描写が何箇所かあ
るのでそこは苦手でしたが、攻の頑張りは微笑ましかったし、
彼の明るさと一途さに救われた部分は多いかなという感じで、
その辺は楽しかったです。
でも個人的には、ずっと傍で見守ってきた幼馴染である名波
との方が萌えるんですがw 途中で右目をやられるシーンが
あって、改めて最初の方を見直したら、ちゃんと色合いが違
ってたんですね。全然気付かなかった。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール