selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





野良犬にさえなれねぇ/語シスコ 【ルチル】


〔2014/5/24〕

★★★☆☆

子供の頃からつるんでは多少の悪さなどもしてきた保・洋平
・蓮。親の再婚で保に小さい弟・央登ができ、3人+チビは
相変わらずの日々を送るはず・・・・・・だったが、蓮と洋平はあ
る事件をきっかけに《ダチ》以上の関係となってしまう。や
がて時が過ぎ、それぞれの道を進んだ彼らは・・・・・・!?
奇才・語シスコが贈る伊達ワル系BL!

語さんがルチル!何か変!w しかも2008〜2010年の作品
って、遅っ。でもいつも通り面白かったです。

表題作の前に、兄の幼馴染で刑事の洋平に恋する、高1の央
登の話『ハートに風穴』が2話。
結構痛々しい部分があるので、そこは苦手っちゃ苦手なんで
すけど、何かこれきっかけで央登の恋が実ったこともあり
さほど悲観的では無く、意外に最後はスッキリでした。
しかし兄ちゃんの過保護さは笑える。
ぶっちゃけ、攻の容姿はあんまり好みではないんですがw

表題作は全5話+後日談。
それぞれ家庭環境が複雑だったことからつるむようになった
保・洋平・蓮という小学生3人組が、高校生になってもバカ
やって過ごしていたけれど、一番環境の悪い蓮が、少しずつ
道を踏み外すように。そんな蓮に欲情する自分に気付き始め
た洋平は蓮の仕事を手伝うようになったり、とある事件をき
っかけに友達以上の関係になってしまうが・・・という、洋平達
の過去の話。

こちらも結構シリアスな部分があってこの絵なので怖いんで
すがw、確かに道を踏み外してはいるけれどそれなりに懸命
に生きてる蓮も何か憎めなくて、これも青春だなと。

全体的に、恋愛もそうですが人間ドラマとして面白かったです。
語作品は読み始めは画面がコチャッとしてるので時間かかる
かな〜とか思っちゃうんですが、いざ読み始めたら止まんなく
なりますね。特にここ数年の作品は、すごくしっくり来て好き
なのが多いような気がします。


ちなみにこのタイトルで本が出ると知った日から今の今まで、
タイトルを目にするたびに頭の中で  ♪ 最後のコインは〜
何に 使〜うのさ ♪ がエンドレスなんですけどw 名曲☆




↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール