selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





花とスーツ/伊東七つ生 【ショコラ】


〔2014/6/30〕


★★☆☆☆

市営公園で働いている平岸は、最近市役所から配属されて
きた蓮池の存在が気になっている。ぶっきらぼうでお堅く、
スーツで一人黙々と草むしりをする彼は、決して周囲に馴染
もうとしない異質な人だった。そんな蓮池に根気よく話しか
ける平岸だが、彼は一向に歩み寄ろうとしない。しかし、台
風から植物達を守るために共同作業をした夜、蓮池の言動が
実はただ不器用なせいだったことを知ってより距離を縮めよ
うとする平岸だが・・・。

2つの話を収録で、表題作は3話。
市営公園の植物の手入れをしている平岸が、本来は市役所の
職員なのに、何でか公園事務所に飛ばされてきた不愛想で
生真面目な蓮池のことを少しずつ理解していくうちに・・・と
いう話。

結構評判は宜しいようなんですが、正直私にはピンときませ
んでした。決して嫌いというわけでは無く、何かこう、静かな
雰囲気の何でもない話なので特にときめきなどは無かったなと。
あとは個人的な感覚かもしれないんですが、やたら寄った画面
というか、縦に5段くらいにコマ割りされているので一部分だ
けの描写が多く、もっと全体像を見たいなという感じがしてし
まいました。何か画面に酔うなと。

『白紙』『風紙』は、急に書けなくなってしまった小説家・細
野がとある島に逃げてみたところ、そこで地元の少年・湊次と
出会って、彼と彼の紡ぐ小説に感化されていくという話。
話の中に小説の世界観も表現されていたり、島の神様がどうこ
うとかファンタジー要素があって、正直良く解らなかったです。
細野が小説家だと知って目を輝かせたりと、湊次が何かとキラ
キラしてたのは可愛くて好きでした。

どちらも、これまでの伊東さんの作品を好きな人は好きだろう
なという、BLとしては薄味な感じの1冊でした。植物などの細
かな描写を眺めるのも面白いかもしれないですが、私はそうい
うのにもあまり興味がないので、ひたすら物足りないなという。
ちなみにご本人はこれが3冊目と書かれてますが、原作付きの
「ドS探偵」は無かったことになってるんでしょうか。やっぱ
りあれはBLでは無いという認識だったのかな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール