selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





月光坂の花屋敷 春/木下けい子 【CRAFT】


〔2014/5/1〕


★★★☆☆

東京のとあるお屋敷町に二本の坂がある。ゆるやかに左に
あがるのが日光坂。右にあがるのが月光坂といい、その月光
坂の一角に見事な庭木の屋敷があり、人はその家を月光坂の
花屋敷と呼ぶ。
僕もいつも思ってた 笑いかけないで 優しくしないで
好きになってくれないのなら 抱きしめてくれないのなら
いっそ嫌ってくれって・・・花に囲まれた屋敷で、時が動きだす

坂の上の屋敷に住み会計士をしている幸哉と、幸哉に想いを
寄せる5歳年下で総務省に勤める下宿人・小鳥遊をメインに、
幸哉の息子で小鳥遊のことを好きな中学生・結人も交えなが
らという話。
実は結人は別れた妻と亡くなった親友・遥人の息子で、幸哉は
その遥人と何か過去があったらしかったりと謎の部分もありま
すが、とりあえずそれぞれの想いは掴めました。クールなよう
で実は健気で一途な攻と、鈍感でちょっとズレてる受という感
じですかね。

まだこれからという感じなので特にここが萌えるというところ
もなかったですが、やりとりのひとつひとつに思わず目を奪わ
れてしまう木下節は味わえたので普通に満足。果たして幸哉は
なぜこんなに刹那的に快楽を求めてしまうのか、その辺も今後
明かされていくと思いますので、続き次第でまた印象が変わっ
てくるのかな〜という感じです。CRAFTなので、続きは随分先
になりそうなのがアレですけど、まぁ気長に待ちたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール