selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





やわらかい棘とあおい雪/葉芝真己 【ルチル】


〔2014/3/24〕


★★★☆☆

デパート外商部課長の横粂隆伍が偶然訪れたギャラリーにいた
のは、かつての部下で恋人・戸倉瀞だった。五年前、隆伍と瀞
は誰にも言えない秘密の恋をしていた。しかし、その恋は隆伍
の「結婚」によって終わり、瀞は会社を辞め、彼の前から消えた。
思わぬ再開に、再び瀞を口説き始める隆伍だったが、瀞の心は
頑なに閉ざされ・・・・・・。

崎谷はるひさん原作。
デパート外商部課長・隆伍が、顧客の依頼で絵を探していたと
ころ、小さなギャラリーで店長をしている、元部下で5年前に
自分の前から姿を消した恋人・瀞に再会。再び瀞を口説き始め
るけれど・・・という話。

うん、結構イラッとしますねw 別れてしまった理由も、その後
の攻のフォローの無さもなかなか酷い。けれど、最初はよく掴
めなかった攻のキャラが、過去の映像と共に明らかになっていく
につれ、何だか切なくなってきて、気付いたらウルッときてしま
ってました。その辺は葉芝さんの技量かなと。前半はクッソーと
思っていたのに、手と手を重ねる描写とか攻が受を包み込む感じ
など、後半ではまんまとときめいてしまいましたw

結局二人は5年前の交際で互いに浮かれていたものの、人目を
気にしながらのわずか半年という期間では信じきることも相手の
気持ちに確信も持てずだったということなんでしょうかね。でも
メールでも手紙ででもいくらでも手段はあったでしょうに、愛す
る人に何らかの形で誤解のないよう伝えられなかった攻はアホだ
なとしか思えないです。

そういうわけで、個人的には原作にそれはどうなんだ?と思う部
分が多かったですが、瀞が隆伍だけを想い続けてきてそれがむく
われる感じを表現した葉芝さんの作画は切なくて好きでした。
次は是非、こういうしっとり系の葉芝オリジナル作品を読みたい
ところです。
面白く読めたけれど、個人的には何かちょっと勿体無い感じもし
てしまう作品でした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール