selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





大きなサボテンの木の下で/歩田川和果 【HUG】


〔2013/10/8〕


★★★☆☆

二股三股は当たり前、いろいろな相手と付き合っては別れると
いう日々を繰り返す元恋人の陽生。そんな陽生を別れた後も想
い続ける主人公・巧。恋人ではなく、友人として・・・9年9ヶ月
の間、二人はそんな関係を続けてきた。
食べられる側と食べる側・・・長い歴史の中、ガラパゴスで独自の
進化を遂げ合うサボテンとイグアナのように、10年近い歳月の
中で新たな関係を模索しあう二人。果たしてその行き着く先は・・・・・・。
繊細な心理描写と会話劇で独時の世界観を創りだす歩田川和果、
待望の最新作!

同じ大学の2コ上の先輩・ 陽生と、10年前に1ヶ月間だけ付き
合っていたけれど陽生の浮気が原因で別れ、以来Hもありの友達
として過ごしてきた巧という二人が、なんだかんだでヨリを戻す
までの話。

大半が、お得意の会話劇という感じなので、いつものこの感じが
好きな人は好きだと思います。私はまぁ、面白くないことも無か
ったんですが、理屈っぽさにちょっと拒否反応が出てしまって、
読んでいるうちに眠くなってきたかもw
結局のところ、ヨリは戻す、けど陽生は浮気はする、巧もそれが
陽生さんだと認めちゃってる・・・ということなんですよね?うん〜
その心境が良くわからんな〜。こんなアバウトな陽生だけど一応
一途な気持ちを持ち続けていたのは可愛いなと思いますが。ポスト
カードのチョイスもw そういえば周りの友達も同じようなタイプ
でしたね。浮気は浮気で本気じゃないって、何だよ。理解できん。
果たして彼らは、お互いのどこが他の人とは違っていたんでしょ
うね。

独特の雰囲気なので、そこがツボる人は楽しめそう。私はこうい
う読み取る系の作風がちょっと苦手なので、もう少しこう、離れ
た視点からの客観的な部分なんかも読めるようなつくりだと楽し
めたのかもしれないです。
までも読後感は、ぐるっと遠回りした二人が幸せに着地できて良
かったな、というほっこりだったので、結果的には嫌いじゃなか
ったです。あんまり器用じゃないところが可愛くて、見守ってい
たい感じの二人でした。でもやっぱり、浮気容認は納得いかん。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール