selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





世界一初恋〜小野寺律の場合8〜/中村春菊 【ASUKA】


〔2013/7/31〕


★★★☆☆

出版社・丸川書店エメラルド編集部勤務の新米編集者・小野寺律
は、相変わらず「初恋の人」で「元恋人」でもある編集長・高野
政宗に振り回されっぱなしの毎日。そんなある日、ようやく初の
サイン会が終了した途端、今度こそ律の誕生日会をやると言い出
した高野に「上司命令だ」と京都へ拉致されることになった律。
ところがその途中、高野が以前勤めていた集談社の同期で少年誌
編集長の灰谷新と遭遇。自分の知らない高野の過去が気になる律
ですが、灰谷が高野を挑発し・・・!?「俺とお前って、どういう関
係なんだろうな」敏腕編集長×新米編集者が贈る、編集者が青ざめ
るほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆
王子様書店員×メンクイ編集者の「木佐翔太の場合」&描き下ろし
も収録!

自分的にはここ最近、このシリーズもロマンチカも、もう続きは
読まなくてもいいかな〜と思っている感じなんですが、つい買っ
てしまったので、とりあえず感想を。・・・うん、いつもと同じw

14話は、律の誕生日ということで、サイン会後に高野に強引に京
都に連れて行かれて、ツンツンしながらも結局いつもの野獣的な
Hに応じちゃう律という感じですね。
15話は、14話で出てきた高野の元同僚編集者・灰谷がチラチラ
出てきて思惑が謎なのと、こちらもいつも通りの高野の独占欲丸
出し強引Hという感じでした。
一応、新キャラも出てきてはいますが、今のところ特に珍しいキ
ャラではないので、面白いとも何とも言えないです。
どちらもHの入りがパターン化している上に、ロマンチカカップ
ルのHともあまり差が無いので、この辺にもう少し変化があると
また違うと思うんですが。乙女チックを演出するモノローグはさ
すがに素敵だとは思うんですけれど、やっぱ飽きたかな〜。

本屋のイケメン美大生・雪名と木佐の方は、雪名がやたらキラキ
ラしてるのは面白かったし、木佐もグルグルしちゃって可愛かっ
たですが、心の動きの描写などには目新しい部分は無かったかな
という感じです。

そういうわけで、何の参考にもならない感想な上に、お好きな人
には申し訳ない感じですが、自分はやはりもうお腹いっぱいなの
かなと思いました。

(2013/10/01)


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール