selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ボクと上司と彼の恋人/赤根晴 【麗人uno!】


〔2013/8/7〕


★★☆☆☆

新人MRの名村は、バカ正直で熱意がやや空回り。契約が取れ
ず上司から怒られる毎日だ。そんな気分がくさっちゃう日々に、
癒しをくれる存在がいる。地下の資料室管理をしている時枝は、
お茶とお菓子付きでグチの相手もしてくれる、まさに天使!
ところがある日、その資料室で、男に抱かれて喘ぐ時枝の乱れ
た姿を目撃してしまう。しかも相手は、いつも自分を叱りつけ
る、鬼の高瀬部長で・・・!!?「外へ知らせに行くか?それとも、
俺たちと秘密を共有するか?」選択を迫られた名村は・・・?

2冊目のコミックスで4作品を収録。
上司の高瀬部長に怒られてばかりの新人MR・名村は、愚痴を
こぼしに資料室の管理人・時枝さんの元を訪れるのが日課。
しかしある日資料室で、時枝さんが高瀬部長に抱かれているの
を目撃してしまう。部長の挑発に乗った名村は、その行為に参
加してしまい・・・と、部長×時枝のところに名村が参戦する3P。
うん〜。短編なのでしょうがないのかなとは思いますが、どう
しても部長×時枝の印象が強いし結びつきも強そうなので、こ
れで時枝の心が傾き名村が奪っていくという展開に違和感が。
時枝さん、移り身早いな・・・という印象しか無かったです。

『坊ちゃんと、夢の中』は、奉公先の屋敷で、離れで療養中だ
という口をきかない坊ちゃん・衛介の世話係になった依人が、
Hの相手をさせられるという話。何か本気で病んでる系で苦手
でした。

『熱砂の黒い王』は、砂漠でガイドに置き去りにされ、ベドウ
ィン・ナウファルに殺されかけたものの結局拾われた昴が、一
緒に過ごすうちに・・・という話。これも何か、気持ちの動きが
早いですね。

『樹海のマヨイガ』は、死のうと思って樹海を彷徨って3日の
星海が、何故か茅葺き小屋に辿り着き、メイド姿の男・たつい
にもてなされるうちに・・・という話。たついのキャラとか、何
となく面白い感じではあるんですが、ファンタジーが苦手だか
らか、よく意味が解りませんでした。たついの言う「家」って
何?

フツ〜の話が好きな私にはあまり合いませんでした。メリハリ
があるので読み難いなどということは無かったですが、いずれ
も心の動きとしては性急に感じてしまって。逆に色んなタイプ
の話の詰め合わせではあるので、ヤンデレとか砂漠物とかそう
いう一風変わった設定が好きという方には良いのかもしれない
ですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール