selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





まわりまわるセカイ/六路黒 【LYNX】


〔2013/6/24〕


★★☆☆☆

高校生の仁科浩輔は入学初日、ハーフで美人な上級生・成川
智也に、突然「これは運命だ!」とキスと共に熱烈な告白を
されてしまう・・・!ただでさえ人間嫌いな浩輔は彼がささやく
甘い言葉を信じられず、冷たくあしらっていた。しかしそれ
にもめげず、智也は毎日デートに誘ってきて・・・!?

3冊目のコミックスで、前後編+描き下ろし1話の表題作と、
読みきりを3本収録。
高校入学初日に、ハーフイケメンな3年の先輩・成川にいき
なり馴れ馴れしくされ、以来口説かれるようになった浩輔だ
ったけど、成川といるとどうしても、とある人物との過去の
苦い経験を思い出してしまって・・・という話。

うん〜。別に嫌いというわけではなかったんですが、最初か
ら、その過去の友達=先輩というのがバレバレなので、何の
驚きもない感じなのと、やはりこれは前回も気になった部分
なんですが、モノローグで全部語っちゃうので、何かこう、
あえて漫画である意味が感じられないというか。個人の感覚
の問題なのかもしれませんが、文章に挿絵が当ててあるだけ
のような、淡々とした印象でした。
多分作者さんが素直なんだろうなと思うんですが、もう少し
こちらを騙すくらいの意外性や、わかりやすい抑揚が欲しい
なという感じです。
あと、初対面時はどうみても小学生なんですが、この時に受
が恋愛感情を抱いていたというのも、何かあまりしっくりこ
なかった部分かなと思います。

『軒下のネコ』雨の日にずぶ濡れで佇んでいた青年・ノラを
拾った航平は、その後も時々フラリと遊びにくるノラとの生
活に心地良さを感じていたが・・・。
二人の会話が回りくどくて、何だか良く解らなかったです。
ボクはゲイで、彼氏に振られたところを拾われて優しくして
もらううちに、今度は航平を好きになっちゃった、テヘv で
済みそうなところなんですが、妙に真面目な話に。

『さみし・こいし・いとし』は、相手の気持ちがまだ自分に
あるのかを確かめるために、彼女の前で浮気をしては振られ
るということを繰り返している啓吾が、幼なじみ・孝則に愚
痴ったところ・・・という話。
うん〜。ノンケの方の気持ちの変化についていけなかった。
いつも傍にいてくれた・・・それだけで変わるのかな〜。孝則の
言った、「今まで意識もしなかったくせに信じられると思う
のかよ」という言葉まんまの心境です。

『想いの境界線』は、素行不良のクラスメイト・伊澤の面倒
を見ることになってしまった、真面目なクラス委員長・東と
いう話。語るな〜w 気持ちが全部モノローグに書いてあるの
が、何かクドくて苦手でした。

全体的に辛口になってしまいましたね、すみません。
1冊目は結構気に入っていたんですが、2冊目は微妙な感じ
で今回もいまひとつでした。でも、絵柄的には読みやすくて
嫌いじゃないですし、キャラも良いと思うので、いっそのこ
と、めちゃくちゃドラマチックとかにしてしまったらいいの
ではないのかな〜とか思ったりして。
とりあえず自分としては、比較的堅苦しい言葉で語られるモ
ノローグが窮屈な感じがしてしまって、気になってしまうよ
うです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール