selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





花追い人/モモ花 【CITRON】


〔2013/5/1〕


★★★☆☆

花屋で働くシゲルは、画家の津田さん宅に週3回大量の花を
デリバリーしている。単に花好きだと思っていたが、ある日、
津田さんが実は届けた花をすべて“食べていた”と知りシゲル
は驚愕!ぼんやり浮世離れした津田さんを心配して『花断ち
しましょう!』と提案する。毎日通って、津田さんの様子を
窺うシゲル。しかし、津田さんが花を食べてしまうのは哀しい
理由があって・・・。まっすぐな恋を丁寧に描くピュアラブなモ
モ花ワールド。表題作のほか、心が震える読切り5編を収録。

3冊目のコミックスで、全6作品を収録の短編集。
どれも、キラキラふわふわした雰囲気に切なさもあって、最
後には心温まる話にまとまっていてと、何かと癒されました。
しかも話が終わるごとに作家さんの作品に対するコメントが
載せてあるので、それにより世界観が固まった感じがします。
すごく良い話ばかりでしたv

表題作があらすじの話。最初「花を食べちゃう」という設定
に、え?そんな人いるの?どんな奇人設定・・・と驚いてしま
いましたが、なんという切ない理由。津田さんは、花のよう
なシゲルに会えて良かったですね〜。

『ひなたの犬』は、田舎町で今は使われなくなったバス停の
ベンチにいつも座っている小説家の川端が、キラキラした高
校生の日向に懐かれて・・・という話。
日向の空気読めない陽気さが、可愛くてすごく癒されました。
最後はちょっとウルッと。

『「範囲」0cm』は、不良で女好きという噂の佐田と、学年
首位で冷血だと噂されている立花というタイプの違う二人が
学校の屋上で鉢合わせ。お互い根も葉も無い噂話にうんざり
していたことから意気投合し・・・という話。お互いに足りない
ところを持っていて、何かいい二人ですね。

『選ばれる夜』は、同じ会社に勤める2つ年下の恋人・伊塚
が交通事故に遭ってしまい、彼の中から自分との記憶だけが
すっぽりと抜けてしまったけれど、思い出さない方が彼のた
めなのかもしれないと、黙っていた折原だったけど・・・という
話。これは「泣けるBL」に掲載の話ということもあり、すご
く切なくて、でも幸福感も味わえて、感動でした。
折原へのプレゼントに添えた、過去の自分が書いた手紙を見
て、今の自分も同じように折原への愛情を感じるという表現
にグッときてしまいました。

『帰ろう』は、仕送りを貰わずに二人で暮らしている大学生
カップルの中澤と日野という貧乏な二人の話。自分が告白し
て付き合ってもらえることになって、同棲も自分から言い出
して、でも貧乏させて・・・と、何かと負い目を感じている中澤
が、精一杯愛情を注いでいる姿が良かったです。まぁ少々卑
屈すぎるよね〜という感じもしますがw 稼げるようになって
も変わらずにお互いを思いやれそうなカップルでしたね。

『図書室ふたり』は、皆がサボるため仕方なく毎日図書委員
の仕事をしている真面目な杉山と、杉山が可愛くて様子を見
に来ちゃう橘先生という話。
誰も知らない杉山の魅力を自分だけが独占したい先生と、実
は先生に惹かれているけれど、気持ちを知られたら避けられ
てしまうかもと思っている杉山という、既に両想いの二人で
した。「プチ教師失格」でしたねw 先生だって人間だもんw

そんなわけで全部いい話で面白かったですが、『ひなたの犬』
『選ばれる夜』が特に好きだったかなと思います。
過去2冊も良かったですが、長いとどうしても雰囲気重視な
感じがしていたので、今回の短編はすごく読みやすくて好み
でした。作品とキャラに対する作者さんの愛情も、端々から
伝わってきたし。次回も楽しみにしたいと思いますv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール