selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





トラットリア闇市/立野真琴 【花丸】


〔2013/4/26〕

★★★☆☆

何故か日本がイタリア軍の占領下に置かれた世界。「闇市」
に現れた天才料理人・寺垣健人。乏しい食材で次々と作り出
すイタリア料理に進駐軍将校・ジョバンニ中佐の舌もすっか
りトリコに・・・食欲はやがて性欲にも火をつけた!

「トラットリア」と「闇市」という不思議な組み合わせのタ
イトルで、表紙には軍服姿があったので、これはもしや、自
分の苦手な方面かも・・・などと思ったんですが、思いっきり
杞憂でしたね。立野さんにしては笑い成分が多くて、想像よ
りかなり楽しかったですv ボーノ!が出る度に、プッとw

というわけで舞台は、戦後まもなくの東京。重要人物のタイ
ムスリップか何かが原因で歴史が変わってしまったようで、
日本はイタリア軍の支配下に。そんな中、闇市を通りがかった
ジョヴァンニ中佐が、懐かしい香りに誘われてとある店を訪
れてみると、そこには美人の日本人店主・健人が居て、寄せ
集めの材料で見事に故郷の味を表現していた。やがてその味
は勿論、凛とした健人自身に惹かれていって・・・という話。

果たして健人はどこでイタリアンを知ったのかずっと謎だっ
たんですが、最後まで判らずじまいw しかし本場のマフィ
アやヤクザのボスも唸らせる見事な腕前だったり、軍人にも
決して媚びることなく、逞しく生きてる姿が爽快でした。
料理の場面も結構細かく描いてあるのに、読むのが面倒とは
一切思わず、むしろ、んで?んで?と、おっさん達と同じよ
うに興味津々で読んでしまいましたw ヘタしたら、ただの
グルメ漫画になってしまいそうなところですが、決して長く
はない尺なのに上手く二人の関係が変わっていく様子が味わ
え、最後に色っぽい展開にまでなっているのは、さすが。
とりあえず今は無性に、ボロネーゼ的なものを食べたいですw

『野良犬と捨て猫』は同じ舞台だけど、少ししっとり系の話。
ヤクザの沢城が、組長に献上するつもりで闇市で男の子を買
ってきたけれど、面倒を見るうちに・・・という話。
無自覚に色気を振りまいている受に、一線を引いていたはず
なのにどうにも放っておけなくなる大人の攻という、雰囲気
のあるいい感じの話でした。

『眠れぬ夜』は兄弟の話。2001年の作品ということもあり、
昔ながらの耽美BLという感じでした。

そんな感じで、表題作はいつものちょっとカッコイイ系な立
野作品を期待していると、何だこのユルさは!となりそうな
気もしますw ヤクザの話の方がいつもの感じですね。自分的
には表題作はサラッと楽しく読めてちょうど良かったですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール