selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





解ける箱庭(1巻)/三池ろむこ 【ルチル】


〔2013/3/23〕


★★★☆☆

兄亡きあと、章生は〈アンダー〉の街で体を売って暮らし
ていた。ある雪の日、猥雑な街にまるで不似合いな紳士が
現れ「君を迎えにきた」と告げる。栗須と名乗るその男に
連れられ〈アッパー〉に建つ大きな屋敷を訪れることとなっ
た章生。突然のなりゆきに戸惑う彼に、屋敷の主・総司郎は、
風変わりな弟・久世の世話を命じる。人と関わることを厭う
て庭いじりばかりしているという久世だが、章生のことはす
ぐさま気に入ったようで・・・?

7年前に5歳年上の兄を亡くして以来、下層階級の街で男
に体を売って生きてきたホームレスの章生は、ある日上流
階級の屋敷の主・総司郎に拾われ、使用人兼、彼の弟・久
世の世話係を命じられる。最初は何故自分がと反発も覚え
た章生だったが、久世は自分を慕ってくれ次第に居心地良
くなっていく。けれど総司郎が何を考えているのかは、判
らなくて・・・。

え〜っと、う〜ん・・・1巻丸ごと序章のような感じで、まだ
全く謎が明かされていない状態なので、正直面白いのか面
白くないのか判断がつかなかったです。恐らく、章生の兄
が働いていたのがこの屋敷だったのか、総司郎と兄の間に
何かがあったのかなと思われますが。
まぁとりあえず、見所みたいなところは無かったですが、
章生と久世がじんわりと惹かれ合っていく過程は微笑まし
くていい感じですし、日本なんだけど洋風な感じもある舞
台の空気も心地良いですし、そういう、謎以外の面では
面白かったかなと思います。うん〜でもやっぱり、どうせ
なら全部終わってから読みたかった感じです。

2008年から1年に1〜2話程度しか描かれていない作品の
ようですので、果たして次の巻が出るまで内容を覚えてい
られるのかめちゃくちゃ不安ですがw、気長に待ちたいと
思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール