selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





僕らはそれを否定できない/九號 【ルチル】


〔2013/3/23〕


★★★☆☆

見かけたのは三年ぶりだった・・・。中二の春、斉藤は鈴木と
同じクラスになった。一年のときにいじめられているところ
を斉藤に助けてもらい、友達になれたらと思っていたとはに
かむように笑う鈴木。斉藤は、次第に鈴木のことを意識しは
じめ関係が変化していき・・・・・・!? 後編67P描き下ろし。
表題作ほか「僕らにまつわるエトセトラ」続編「僕らの明日
の方程式」、「その手から伝わる」を収録。

3つの話を収録で、表題作は前後編。
特に誰ともつるむつもりもなかった斉藤が、1年の時にイジ
メられているところを斉藤に助けられたという鈴木と同じク
ラスになり話かけられたことから友達に。やがてお互いに
惹かれていった斉藤と鈴木は親密な関係になっていくが、幼
い二人は迷いからすれ違っていって・・・。

前半は別々の高校に進んだ鈴木を3年ぶりに目撃した斉藤目
線で、後半は鈴木目線。「普通じゃない」ことに迷いがあり、
傷つけあって離れてしまった二人が、今でも心を残したまま
の相手のことを色々と思い出す・・・というセンシティブな話
でした。うん、良かった!

不器用な二人の微笑ましさと切なさが、現在と過去を交えな
がら語られていて、じんわ〜と心に染みました。特に中2の
鈴木の可愛さがイイ。一人称がひらがなの「おれ」なところ
に幼さが出ていて、上手く伝わらない具合にキュンときました。
花屋になった姿も、また以前のような短髪に戻っていて可愛
かったので、続きも描いていただきたかったな〜という感じも。
しかし、時間が経って今ならいい関係になれそうなことを
予感させる、清々しい読後感でした。

『その手から伝わる』は、従弟で幼馴染の誠と真(しん)と
いう二人。シンプルな描写だけど、こういう関係いいな〜と
思える感じでした。これも続きを読みたかった。

『僕らの明日の方程式』は、ファーストコミックス『僕らに
まつわるエトセトラ』の続編で、高3の夏で進路のことなど
もあり、迷う郁・・・という話でした。前回のは覚えてなかった
んですが、これだけでも充分面白かったです。お母さんが、
恵ちゃんは太陽みたいだねと言ったところで、郁と一緒にウ
ルウル。恵とならどんなことでも乗り越えられそう!という、
希望に満ちたエンドでした。爽やかv

どれも、青春まぶしっ!という話ばかりで良かったです。
まぁ、もう少し先まで描かれていてもいいのかな〜と思うと
ころもありますが、キラキラな読後感で終わるのも悪くない
ですねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール