selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





泣いたカラスがもう笑う/糸井のぞ 【花音】


〔2013/1/29〕


★★★☆☆

背も高いし、よく見ればイケメンなのにノンケに振られて
は泣きついてくる烏丸に、うんざりする毎日を送っていた
南。「なんで烏丸は俺のことは好きになんねぇの?」男同
士の恋愛なんて他人事だったはずなのに、いつからか胸の
モヤモヤが消えなくて・・・!?男限定恋愛体質男子☓ノンケ
男子の親友以上恋人未満なじれったい恋。他、没落貴族リ
ーマンの恋も収録した、豪華2本立て作品集!

表題作の前に、没落貴族のリーマンの話『君の喜ぶ顔が見
たい』全3話+描き下ろしが収録されていて、個人的には
こちらの方が断然好きでした。
かつての名家・白泉家で、祖母と祖母の使用人・佐竹の3
人で暮らしているリーマン・瑛正が、ある雨の日、父との
思い出のメダルを誤って側溝に落としてしまったところ、
一緒に探してくれたのが青年・ヒタキで・・・という話。

派手な話では無かったですが、結構ズケッと物を言うけれ
ど実は心優しい男・ヒタキがとても魅力的なキャラで、理
由など聞かずにピアノを弾くことに即答したりと、グッと
胸が熱くなる部分があって、いい話でした。

表題作は2話+描き下ろし。ノンケに恋しては直ぐに振ら
れて泣きついてくる友人・烏丸と、面倒くさいなと思いな
がらも一緒にいる南という二人の話。これはまた、先ほど
の話とはタイプが違い、ガッとしたコメディタッチな感じ
であまりストーリー性は無く、軽く楽しむ感じですね。別
に嫌いではないですが、これと言って好きだという感じも
無かったかな。

普段の自分なら、繊細な没落貴族より明るい表題作の方を
好きと言いそうなところですが、元々少しクセのある感じ
なので、表題作の方はその独自路線を突き進み過ぎている
ようでやや読み難く感じてしまったのと、没落貴族が割と
素直な話だったこともあり、そちらの方が断然好きでした。
結構、自由に話が飛んでいるタイプなので本当は少し苦手
に思っていたんですが(まだ3冊目ですが)今回少し印象
が変わりました。次はどんな話でくるのか楽しみにしたい
と思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール