selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ラブストーリーズ/梅太郎 【BBC】


〔2013/1/10〕

★★★☆☆

チビの頃から親友同士の2人。こっそりと道尾に恋する
小波はモテる道尾が毎日のように女の子に誘われるのを
ハラハラと見守るしかなくて・・・。
新入社員の月代が片想いする相手は上司の柾井。気持ち
を隠そうとするとついブッキラボウな態度になり・・・。
愛を成就させるまでのトキメキと葛藤を描いた4組の恋
人たちの物語集。

4作品を収録。やっぱいいですね、梅太郎さん。
特に前半の2作品が好きだったんですが、その中でも
1本目は、幼馴染設定に可愛い系の健気受と、好きなパ
ターンの梅太郎作品で、すごくテンションが上がりましたv
「子供の頃」を「チビの頃」と表現するのなんか、この
方以外思い浮かばないくらい独特だと思うし、他にもマ
スクをしている受を見て、攻が心の中で「秘密のマスク
マン」とつぶやくとか、何かちょっとオヤジ的な言い回
しだったり、実際こんな人居るかなというような自信満
々な言葉遣いの攻だったり、色々とレトロに感じる部分
もあったりするんですが、どうもこれがクセになってで
すね〜。ここでしか味わえない不思議な空気の虜です。

『願っても来ない』はあらすじの話で、子供の頃からず
っと一緒の小波と道尾という高校生同士。いつも遅い小
波の手を道尾が引いてくれるなど、自分が一番だったは
ずなのに、最近道尾は触れようとしなくて・・・という話。
一緒に帰ろうと寒い中健気に道尾を待つ小波と、小波に
他の男が寄ってくるのを見て密かに嫉妬心を燃やす道尾
という、両片想いですね。子供時代の回想の二人のほの
ぼの感がイイ。あいつがどこに触った?と詰め寄る感じ
など、結構梅太郎さんのド定番な内容なんですが、味付
けの妙で見事に、ウルウル〜の、最後はキュンキュンで
した。短編なのに、なんでこんなにドラマチックに描け
るんでしょう。

『泣くな恋人』は、会社の近くの土手でいつも休憩して
いる柾井が、そこで新入社員・月代に会って、自分に気
兼ねなくゲイだと話してくれたことから、普段の月代が
気になって見るようになるが・・・という話。
後半にかけてブワ〜ッと盛り上がっていく感じが心地良
いですね。うんうん、包容力満点ですごく可愛がってく
れそうな攻だ。幸せすぎてウルウルきちゃいました。お
茶を飲ませるためにこっそりハーブを植えるという発想
がピュアで面白かったですv

『フェンスの向こう側』は、憧れていた水泳部の上帖が、
同じく水泳部の友人・宮地とバイク事故に遭い、リハビリ
などで遅れて留年し同級生になったことで、これはチャン
スと友達になった雨原。だけど上帖は宮地と関係を持って
いて・・・という話。上帖を閉じ込めておこうとする宮地と、
連れ出そうとする雨原という、対照的な二人の攻でした。
ちょっと痛々しい感じのパターンなので、前半の作品に比
べるとそれほど好みではないんですが、一緒にバイトをし
ているシーンは、本当は上帖は明るい日の元で輝く子なん
だなというのが伝わってきて好きでした。

『夏が終わる』は、それから8年後の宮地の話。リーマン
になった宮地が、アパートの隣に越してきた訳アリの少年
・フジの面倒を見るうちに・・・という話。フジがネグレクト
で育っているせいかちょっと足りない感じの子で痛々しさ
があるので、序盤そこがあまり得意じゃなかったんですが、
段々ピュアさに惹かれ、可愛く思えるようになっていきま
した。一緒に居たいがために、ラーメンを一本ずつ食べる
とかw、攻の調子を狂わせる感じが堪らないですね。

描き下ろしで全カップルのその後が見られたのも楽しかっ
たです。あぁ〜何か、癒されましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール