selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





密室の密かな星/雨隠ギド 【ディアプラス】


〔2012/10/30〕

★★★☆☆

鵜飼の探偵事務所のとなりに新に探偵事務所が開業した。
相手は高校時代の同級生の近道(こんどう)、通称ちかみち。
近道は鵜飼の抗議を軽く受け流すと、なし崩しに依頼を手伝
い、さりげなく居座り始める。高校のころ、鵜飼はすこしだ
け近道に距離を置かれていて、それがすこしだけショックだ
った。そんな近道がふたたび鵜飼の前に姿を見せたわけは・・・
・・・?

最初に読んだ時は話を追うことに集中していたせいか、コ
ミカルな部分は面白いと思ったものの、あまりに都合良くま
とまった展開でもあったので、そこまでくるものはないかな〜
と思っていたんですが、内容を把握した上で改めて読み直し
てみると、やっぱり光るものがあるなと。1回読みでは得体
が知れなくてそんなに好きなキャラでもなかった近道が、こ
んな秘密を抱えた上でのこの行動・表情かと知ると愛しくな
ってくるんですね。鵜飼と花籠くんは、1回読み時点でも何
回読んでも、最初から最後までずっと可愛かったですv

鵜飼の探偵事務所の隣に、ある日突然高校時代の同級生・近
道が同じく探偵事務所を構える。抗議する鵜飼だったが、と
りあえず暇だし手伝いをさせてくれと言われ断れず、一緒に
仕事をすることに。昔お前のことを好きだったと言う飄々と
した近道だったが、高校の時、何気に避けられていたことは、
鵜飼にとって今でもショックな出来事で。だが近道が現れた
のには理由があって・・・。

というわけで、出だしは元同級生がやんやとやりあいながら
も探偵のお仕事をする話なだけなのかと思いましたが、実は
鵜飼が老舗旅館の三男ということで、子供の頃誘拐事件に遭
ったことがあり、未だに暗闇が怖いというシリアスな部分が
ありそういうトラウマからの脱却と、近道にとっても一種の
呪縛からの開放という話にもなっていて、中々やはり盛り方
がお上手でしたね。

果たして、近道が罪悪感を抱き続けなければならないことな
のかな?と思う気持ちもあるんですが、暗闇の中で足にかゆ
み止めを塗ってくれた、犯人の仲間かもしれない人のことを
女神と呼ぶ鵜飼もそうですし、何か子供の純粋な心の時点で
負った傷だからこそ、他人が思うよりずっと深く刻まれてい
るのかもしれないですね。そう思うと、ここに描かれてはい
ないけれど、ずっと苦しんできたであろう近道少年が切なく
て、堪らない気持ちになります。

最終話で鵜飼が姿を消したというシリアスな空気から一転、
「おそい!」と待ち構えていた姿にアハハと。鵜飼、中身が
かっこいいな。
結局のところ、最初からふてぶてしかった近道だけど、実は
心の中では常に鵜飼萌え〜vだったんだなと思って読み直す
と、面白さが倍増しますね。
あとやはり、花籠くんが可愛すぎますw 僕って何てすごいん
だろう!と自画自賛する姿にププッと。これは放置するには
勿体無いコなので、絶対スピンを描くべきw

そんなわけで、2回3回と読んで、細かな部分を拾っていく
と好きが増えていった、するめタイプの作品でしたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール