selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





せきららラブ/藤原基央 【BBC】


〔2006/2/10〕

★★★☆☆

役者志望の央馬は、「いろんな役柄でのなりきりH」を条件
に、エリートサラリーマン澄吾に拾われた。フェロモン魔人
な澄吾の色香に勝てずプレイを続ける央馬だけど、いつかは
彼と愛あるHがしたいっ!

作者さん、バンプのボーカルと同じ名前です。本名だそうです。
しかもあとがきで、すぐ下の妹はバリバリの少女マンガ家で、
きよぽんって、それ『アラクレ』の藤原規代さんじゃないで
すかー。アラクレといえば、何度キュン死にしそうになった
ことか。そういえば『ぼくはね。』では男性であるアキちゃん
がママの位置にいたし、BL的要素もないこともなかったなぁ。
目の感じとかたまに似てるなと思うときあります。姉妹で漫画家
さんって結構多いけど、二人ともデビューできちゃうってスゴイ
なぁ。尊敬します。

話は、ラブラブでヘタレな攻で楽しかったです。個人的には
澄吾さんにはずっとメガネをかけて、常に強気でいていただき
たかった。






スポンサーサイト

  • -





この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール