selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





宝物はぜんぶここにある/糸井のぞ 【CITRON】


〔2012/11/1〕

★★★☆☆

行方不明の父親を探すため旅に出る母親 見知らぬ男の家に
あずけられた旬之介 その男は恋愛に奔放な児童文学作家・
轟信太郎 旬之介は書生になり信太郎の世話をすることにな
った 轟家にやってくる信太郎をとりまく不器用な男たち・・・
信太郎の高校の同級生であり担当編集の橘高 劇団俳優で現
在の信太郎の恋人・チャコ バツイチ子持ち、信太郎の大フ
ァンで突然家を訪ねてきた榊 そして、旬之介の同級生、ワ
ケあり女装男子の美少年・春威 ひとつ屋根の下で寝食をと
もにしたり時には体を重ねたり傷ついたり傷つけられたり・・・
恋愛、家族愛、友愛 すべての愛がつまったキラキラ輝く宝
物を探すそれぞれのラブストーリー

家を出たまま行方不明の小説家の父を探すため旅をしている
母親・ヒトミに連れられ旬之介がやってきたのは、児童文学
作家・信太郎の家。それから数年、中学生になった旬之介は、
書生として信太郎の世話をしている。そんな家には、信太郎
に関係する3人の男が出入りしていて・・・。

雰囲気があって、読み応えもあって面白かったです。
でも、序盤は先生の妖艶なキャラのお陰もあり、惹かれるも
のがあったんですが、段々みんなそれぞれ自由な思考と行動
で、自分の思うがままに生きているので、後半は、それでい
いのかな・・・とモヤモヤ。結果的にキレイなもののように
まとまっているんですが、ん〜、何か理解し難かったです。
私は、一人を大事に想うという話が好きなので、特にこうい
う感じに、自分達の関係に酔っている雰囲気にはちょっと。

結局のところ信太郎は、恋人はチャコで、ずっと好きなのは
橘高、でも榊とのセックスは好き(ついでにヒトミさんにも
特別な感情が?)・・・ということみたいなんですが、この人達
はみんな納得してるの?う〜ん。
前回のコミックスでも1話収録されていた旬之介と春威の関
係は解りやすかったと思いますが、何かここも、いつの間に
か両想いになっちゃった感じがあって、どうもどこかスッキ
リしませんでした。

でも本当、味はあって読み応えはありました。現代なのに和
風なテイストなのも面白いし、こういうアバウトな人間関係
の話も好きという方なら楽しめるでしょうね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール