selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





夜明けのブルース/羽生山へび子 【花丸】


〔2012/10/26〕

★★★★☆

フラれてくさりまくった挙句にカツアゲを決行した最低のリ
ーゼント・カッチーだったが、相手の男から逆に「遊ばせて
やるよ」と腕を引っ張られ・・・!?トサカの大将と薄幸マス
ター。名も無く貧しくかっこよくもない二人がさびれた店で
織り成す、全開バリバリ裏町恋慕情。

男関係がうまくいかずクサっていたヤンキーのカッチーがカ
ツアゲをした相手は、一人で寂れたバーをやっているマスタ
ー。おまえさんいると楽しそうだし、うちでバイトしてみな
いかと誘われたことから・・・という、元彼と少々モメている
三十路で美人のマスターとお人よしのヤンキーが、一緒に幸
せに向かっていくよという楽しい話でした。

あぁ何でしょう、この読後感。色んな不安やもやもやしたも
のも、最後に二人が自力でパ〜ッと開いた感じがあって、
あぁこれが夜明けってことなんだなという、文句なしにハッ
ピーになれる作品でしたね。
カッチーってアホなヤンキーなんだけど、逆にそれしかない
というヤンキーゆえの真っ直ぐさが素敵だな〜と。
読んでて全然セックスアピールは感じてなかったはずなのに、
最後にがっつり攻めてる姿を見たら、おぉオスじゃった!とw
不思議と魅力のあるアホっ子でした。序盤の「胃袋からつか
もうたってそうはいかないんだから!!」が、鬼カワイイw

また今回も非常にノリノリで、ず〜っと面白くて笑いっぱな
しだったんですが、中でも吹き出してしまったほど印象的だ
ったのは、タリーゼカフェの「ANKOラテ」のポスターの
「たんぱく質ONたんぱく質」というフレーズと、カッチー
が自分を振った元彼・マークンに放った「博多っ子はもれな
く純情なんだよ!」というセリフ。(注:長谷川法世さんと
いう漫画家さんの描かれた「博多っ子純情」 というオバカ
男子が繰り広げるオモローな作品がございましてw ちゃん
と地元民は拾いましたよ、へび子さんv)
そしてラストのキャスト紹介マンガ(山笠スタイルのカッチ
ーが、バリカワvvv)での、マスターの「とっとぉと」
(せからしかぁv)の活用には、鼻血がー!w

へび子さんの作品は、何度読んでも飽きが来ず、むしろ細か
い部分を拾っていく喜びは増すばかりという、素晴らしい
スルメマンガっぷりですよね。『僕の先輩』ほど飛ばしまく
ってはいなくてそんなに切ない感じも無かったかなと思いま
すが、ノリの良さ、コネタの楽しさなど、とにかくやんちゃ
な空気が楽しかったです。切なさに泣くことはなかったけど、
読後は何か幸せな気分が盛り上がって、そこに映画のような
キャスト紹介が来て、思わず、良かったな〜と目頭が熱くな
りました。

新たな作品を読めて満足!
この二人はまだ続いていくということで、今後も楽しみですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール