selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





いつか友達じゃなくなるとしても/カサイウカ 【花丸】


〔2012/10/26〕


★★★★☆

トモは一人暮らしの高校生。子供のころ幼馴染の柊平の片目
を事故で失わせたと呵責の念を抱いている。しかし柊平の大
家族はそんなトモをいつも温かく迎えてくれる。週の半分は
柊平の家に泊まって、柊平が作ってくれる弁当を持って通学
する日々。しかしトモは秘かな想いを抱えていて・・・。
青春のみずみずしさを繊細に描く期待の新人デビューコミッ
クス。

雑誌「花丸漫画」が創刊されて1年ちょっと。毎度結構豪華
な作家陣のようで、そろそろコミックスも出ないかな〜とは
思っておりましたが、一気に5冊発売とは!いきなり本気
出してきましたねv(今後も1・4・7・10月に発売される
模様)しかもこれの前に、青山十三さんの『みつきにいちど』
も読んだんですがそれもすごく面白かったし、今手元にスタ
ンバってる羽生山さんとARUKUさんは確実に面白いだろうし、
何かもう、お財布的には厳しいですがテンションは上がりま
すね。幸せv

トモは、歳の離れた兄に仕送りをしてもらいながらアパート
で一人暮らしをしている高校生だが、ほとんど毎日のように
幼馴染で大家族の柊平にご飯を食べさせてもらうなど、何か
とお世話になっている。実は子供の頃、アクシンデントで柊
平に怪我をさせてしまい左目を失明させてしまったことを未
だにどうしても気にしてしまうトモだったが、柊平本人も家
族の皆もそんなトモを責めることもなく、ずっと本当の家族
のように可愛がってくれている。本当は高校に入った頃に、
柊平への恋心に気付いてしまっていたトモだったが、柊平と
の関係が終わることを恐れ、絶対に気持ちは明かさないと決
めていたが・・・。

というわけで、長い時間一緒に暮らしてきた幼馴染の二人。
柊平を恋愛という意味で好きだけど、関係を壊すまいと努め
て親友として振舞ってきたトモだったけど、ある夜トモが
眠る柊平にキスをしたことから、柊平はトモの想いに気付い
てしまい、これまでと違う感覚でトモを意識するようになり、
自分も一緒にいたいという気持ちは変わらないということを
確信していき・・・という、王道幼馴染モノでした。
正直、絵的には時々、バランスが・・・と思う部分もあったんで
すが、それ以上に気持ちの表現の上手さの方が魅力的で、何
かもう、序盤の柊平がトモに「大事に思ってる」というとこ
ろからキュンときてしまい、気付いたら二人が愛しくて、ウ
ルウルしまくっておりました。

定番のテーマだけに、キスして云々など、主人公二人の動き
としては割とベーシックだと思いますが、その分、周りにい
る温かい柊平家族、ブラコンでチクリと痛い思いをさせてく
れたけど愛ゆえのトモの兄ちゃんと、色んな要素で味付けし
てあったのも良かったと思います。
トモには柊平に怪我をさせたという負い目もあり、これ以上
この素敵な家族に嫌な思いをさせたくないという気持ちもあ
ったりして。そのあたりの色んな気持ちを押さえ込んでいる
様が切なくて、何かたまらなかったです。これがまた、二人
ともイイ子なんですよね〜。読み終えて表紙を見ると、また
更に、幸せになってよ〜という気持ちになりますね。素敵な
表紙。

どちらかがとても強烈なキャラというわけでもないので、そ
の辺を求めている人にはちょっと平凡な印象もあるのかなと
も思いますが、私はこのわざとらしさのない感じ、さらりと
自然に描かれている感じに、更なる可能性を感じました。
あ、あとエロもありませんw
しかしこういうのを読むと、あぁまだまだBL読んでいたいな
〜と改めて思います。面白かったです。
次回も楽しみ!ということで、期待も込めての★4v

帯は新井サチさん。



↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール