selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





花は嵐を踏み越えて/Dr.天 【光彩】


〔2012/9/27〕

★★★☆☆

女として育てられた朔夜は、閉じ込められていた月読家か
ら初めて自分の意志で家を出ることを決意する。しかし世
間知らずの朔夜は空腹で行き倒れそうになり・・・。
わがままでちょっとズレてる「朔夜さま」シリーズを収録
した読み切り傑作集!

女として育てられた・・・というのが、どこかで見た設定だな
と思ったら、前作『不純モザイク』で主役だった、朔夜さ
まだったんですね。その前作は、シリアス寄りな女装エロ
ばかりであまり楽しめなかったと思うんですが、今回は割
と能天気な感じがして読みやすかったです。

というわけで、そのシリーズが『朔夜さま推して参る』
『朔夜さままかり通る』『花は嵐を踏み越えて』の3話。
屋敷から逃げ出したものの空腹で具合が悪くなり、幼稚園
児・昴を一人で育てている旭に拾われ、泊めてもらうこと
になった朔夜。しかし世間知らずのために、いつも通り体
を使って御礼をしようとしたら・・・という、すっとぼけな
朔夜さまと面倒見の良いパパさんの話でした。
昴が可愛かったり、「夜の街に立った」という言葉の誤解
などが、プッと笑える感じで楽しかったですが、ラブが芽
生えたという感じでは無く、あまりBLを読んだという感覚
ではなかったです。最後も、ここで終わっちゃったのはち
ょっと残念。

『アナタが私をダメにする』は、義理の父と息子が、想い
が通じ合ってHをするというだけの話。

『僕の儚い人だから』は、子供の頃に親の再婚で兄弟にな
った二人。出だしの猛烈に体が弱い兄にはウケましたが、
あとはHをしているだけでしたね。

『愛してりゃいいってもんじゃない』は、ずっと好きだっ
た幼馴染に、恋人の愚痴を聞かされていたら、その恋人が
話し合いにやってきたため、荒業に出るが・・・という話。
間違いなんだろうな〜とは思っていましたが、姉とはw
そうですよね、だってBLだもん。

『世界が終わる三時間前の世界』は、あと3時間で世界が
終わるということで、恋人の元を訪れた受が・・・という話。
まさかね、と思っていたオチでびっくり。ちょっと昔っぽ
いテイストですね。

そういうわけでやっぱり、致している場面が多いので、特
に感想の無い話もありますが、ちょっとオチャメな部分の
ある話は面白いですね。萌えとかは感じませんでしたが、
普通に楽しく読めたと思います。

(2012/10/16)


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール