selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





明日屋商い繁盛(1巻)/ARUKU 【ルチル】


〔2012/7/24〕

★★★☆☆

事故で家族を失った若草秋緒は、遠い親戚の伝手で古道具屋を
貰いうけることになった。右も左もわからぬまま商売を始めて
みるが、店に持ち込まれるのはいわくありげな物ばかりだし、
訪れる客もこの世ならざる者ばかり・・・・・・。おまけに店には、
友人の天宮そっくりの顔をした、自称からかさおばけの男色家
・キッカという遊び人が住みついていて、なにかと秋緒にかま
ってくるのだが・・・!?

三ヶ月前、両親と姉を事故で亡くし、生きる気力を無くした秋
緒だったが、遠い親戚に古道具屋を貰い受けたことで、店をや
ってみることに。しかし持ち込まれるのは、いわく付きの品物
ばかりで・・・。

というわけで、ちょっと訳ありの道具を死人達が持ってくると
いう古道具屋で、家の付喪神・キッカ(男色家w)に助けられ
ながら、道具にまつわる出来事などを体感していく秋緒・・・
という、御伽話的な内容でした。

うん、漫画として面白いですよね。ヤマオチがしっかりしてい
て、相変わらず構成が上手いな〜と。そしてどれも遠い昔の出
来事なので、その時代ならではのままならない感じがあって
ノスタルジックで、何か気付けばウルッとしてしまいました。
そんな中、キッカとのやりとりのオバカな感じでは脱力できる
部分もあり、さすが緩急がお見事。特に硯の話と、兵隊さんの
話、お鍋の話が好きでした。

まだ秋緒の事故の話や、親友・天宮とキッカがそっくりな理由
など、謎が謎のままなので、次回を楽しみにしたいと思います。
個人的には、バカなことを言いながらもイザとなると頼りにな
るキッカが魅力的だなと思いますが、秋緒の気持ちはどうなん
でしょう。その辺、人の話だけでなく主人公のラブの話も次回
は楽しめるんでしょうかね。楽しみです。

あとは、前のコミックス『極東追想博物館』に収録の俳句教室
の話の続編が2本入っていましたが、あぁやはり私はこちらの
タイプの話の方がもっと好きかもw
表題シリーズの不思議な話も味があって面白いんですが、こう
いう思わずフフッと笑ってしまうお茶目な感じのARUKU作品に
結構惹かれます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール