selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





官能小説家を調教中/かんべあきら 【GUSH】


〔2012/7/10〕

★★☆☆☆

谷本紅葉は官能小説家。なのに、エッチシーンが苦手。それは
エッチの経験がないから? 親友で一番の読者の龍に相談する
と、「じゃあセックスしようぜ?」ってエッチなことをされち
ゃって・・・!「もっと感じるように開発してやるから」なんて、
ずっと大好きだった龍に言われて、どーしよう・・・感じすぎちゃ
うよ!? ガッシュ文庫待望のコミカライズが、満を持して登
場!!大御所官能小説家と担当編集の恋・若葉編も収録v

森本あきさん原作のコミカライズ。
官能小説家なのに経験が無いため、Hシーンを上手く表現でき
ずにいまいち伸び悩んでいる紅葉が、高校からの友人で週末毎
に遊びに来るくらい仲の良い友人・龍に打ち明けたところ、し
てみようぜと言われて・・・というのが第1話。
ん〜何かこの、やたらと慣れてるアピールの攻が苦手w どんだ
けセックスという単語を連発するんだという。話も何だか安直
な・・・。

2話目はそのHの続きから始まり、週末毎にヤリまくったお陰
で作品が良くなった・・・という、これまた何とも言えない話で・・・。
龍が紅葉の作品が載った雑誌を買ってきたことに、読んだんだ
・・・とショックを受けていますが、何か今更のような。元々その
ために寝たんじゃなかったのかな〜という。
龍は元から紅葉のことを好きだったということだと思うんです
が、龍の気持ちが判り辛いのでどうしても紅葉の一方通行に見
えてしまって。龍の想いがもっと描いてあって、でもイジワル
しちゃうよ・・・ということであれば、更に楽しめたような気が
します。最初のあれは、鈍感な紅葉に対するただの誘導だった
ということでいいのかな。

3話目は、次号の雑誌の特集がSMになったもののやはり上手く
書けない紅葉が、龍に「SMっぽいセックスをして」とは言えな
くて、それとなく誘導しようとするけれど・・・という話。
う〜ん、普通に言えばいいだけでは・・・。まぁその言えないピュ
アな紅葉を味わう話だと解ってはいるんですが、何かこう、ウ
ジウジしててイラッとくるタイプで苦手でした。この辺はキャ
ラの好みの問題でしょうか。

4話目は、大御所作家の天堂に会いたいと言われた紅葉が、出
版社の謝恩パーティーに龍同伴で出席。しかし、紅葉のペンネ
ームが「龍かつら」であることから、天堂は龍が作家だと勘違
いして・・・という話。これは話がさっぱり見えなかったんですが、
次の話を読めば解るような感じで。まぁ多少察することはでき
ましたが、小説未読の人にはやや不親切な構成じゃないかな〜と。

5話目は、その天堂と編集・宮野の話。ふふっ。本編カップル
に負けず劣らずの甘々ですね。でも何か、やたらと語りすぎな
のが気になって・・・。

すみません。何かちょっと、ダメ出し多めですね。
そうですね〜。かんべさんは基本優等生な作風なので読みやく
て、そこはポイント高いんですが、今回はちょっとありがちな
話でいまいちだったかな〜と。紅葉のぽやんとしたキャラが可
愛いと言えば可愛いんですが、変にネガティブなところが苦手
に感じてしまって。かんべさん独特の、いちゃっとしたところ
は、少々恥ずかしい気持ちにさせられつつも楽しめたので、そ
の点では満足。どうやら小説の方はかなり評判の良い作品のよ
うなので、原作既読の方には楽しめるのかもしれないですね。
こちらはサラッと楽しむ感じでしょうか。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール