selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





Monsterの恋愛学/藤井咲耶 【Daria】


〔2012/5/22〕

★★★☆☆

モンスター研究の権威、カイル・朝田教授の助手に指名された
大学院生の雅は、人ならざるモノが視える体質。男女問わずタ
ラシで有名な教授に振り回されてばかりの雅だが、ある時、朝
田に迫る学生が人間の姿を借りたモンスターだと気付いてしま
う!助けようと頑張る雅だったが、いつの間にか朝田に気持ち
いい事を教えられ、慣れないカラダは敏感に反応してしまい!?

藤井さんはダリアは初ですね。1冊丸ごとこのカップルの話。
民俗学を研究している大学院生の雅は、人ならざるものが見え
てしまう体質。そんな雅はある日、イギリスからやってきたイ
ケメンでバイでタラシ・カイル教授の助手に指名される。しか
し教授は、モンスターの類は存在しないと強く主張する人で、
視えてしまう雅とは正反対の主張なのだが・・・。

実はこの教授、自身もモンスターであり、モンスターをいたぶ
るというか美味しくいただいちゃうのが大好きなエロ教授で、
一人占めしたいがために世間にモンスターの存在を否定してい
るというとんでもなく腹黒な教授でw そんな教授にそのちん
まりとした風貌から「おさるくん」とからかわれながら、視え
るためにトラブルに巻き込まれながら、可愛がられちゃう助手
・・・という、ドタバタとした楽しい話でした。

ファンタジーな設定だったので、どうかなと思ってたんですが、
程好くユルくて、良く言えば気軽に、悪く言えばあまり深くな
いw、サラッと読める内容でした。
ただ、白百合の血統どうこうとか、おさるくんと教授の過去な
んかの設定は、何か良くわかりませんでしたがw 一応、モン
スターがとても欲しがる白百合の血というのを持ったのがおさ
るくんで、400年前にその血を持っていることを他のモンスタ
ーに知られないようカイルが封印してあげていたものの、封印
の力が弱まってきたため、再びおさる(勿論当時の記憶は無い)
の元に現れ・・・みたいなことのようです。

まぁそんな感じで、私はファンタジー的な話が苦手なので、設
定を飲み込めて無い部分もありますが、とりあえず、真面目で
一生懸命で、ボケボケなおさるくんが可愛かったので満足ですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール