selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ダメBL 【アンソロジー】


〔2011/11/25〕

★★★☆☆

ダメBL・・・それは、なんらかの理由で「ダメ出し」をされ、
発表できなかったBL作品のこと。この本では、お蔵入りに
なっていた作家たちの「描きたい!」を集めました。変態
でも、悲恋でもいいじゃないか!ニッチなテーマでもいい
じゃないか!今まで読んだことのない「ダメBL」、どうぞ
ご堪能ください。

ダメ出しされてお蔵入りになった作品ということだったの
で、もっとそれはないよ!という話なのかと思ったら、意
外にも良い方向に刺激がある程よいB級感でしたv
そのまま読むよりむしろ最初から「ダメなんだけどさ〜」
とハードルを低くされていたのが功を奏したかw 最後にち
ゃんとダメだったポイントが語られているのも、より理解
しやすくなっていて良かったですね。
雑誌のラインナップの中や個々のコミックスに収録すると
なると浮いちゃう話かもしれないですが、このダメの群れ
の中にいるとどの作品も至極自然で、というか逆に作家さ
んの味が出ていて、もっと〜v と欲してしまいたくなる感
じでした。ただ、好きずきがくっきり分かれそうなものが
ほとんどなので、やはりそういう意味ではダメなんだろう
なという。
数名、初読みの作家さんがいらっしゃいましたが、元々実
力が認められている作家さんが見事に集まっちゃってるの
も良かったですね。とりわけ雲田さんは素晴らしすぎた!
この企画はまた是非、第二弾もやるべきですよね。


雲田はるこ 『Be here to love me』
足フェチでいつもおかずにさせてもらっているブログの「
うらえり」ちゃんが、同じ会社の後輩(♂)だと判明。酔
った勢いもあって何か楽しいことに・・・という話。先輩の穏
やかながらもちょっぴりがっつき気味なイイ感じのエロオ
ヤジっぷりと、後輩の下唇のぽってりした感じとか流し目
とか、褒められてまんざらでもなさそうな表情の可愛さと、
どちらもとてもいい塩梅の変態さんで、読んでて自然と顔
が緩みっぱなしの楽しさでしたv 足の魅力より唇が気にな
りましたね、個人的にはw この話を読めただけで、既に値
段分の価値があったかも。

もろづみとも 『劫の河』
若き村の長・イカルと、イカルに拾われたものの身体にア
ザがあるため呪われ人だと疎まれている青年・シギという
古代が舞台の話。これは設定はすごくとっつき難い感じだ
ったのでどうかなと思って読み始めたんですが、思った以
上に愛のある素敵な話でした。

えすとえむ 『Khaa Thoong』
ムエタイ選手同士の話。これはニアBLという感じで、ぶっ
ちゃけ全然好みじゃなかったんですw でもいつものえすと
えむさんとそんなに代わらないのでは?という印象。

梅松町江 『夏のさいごに寄せて』
余命わずかの実さんと、長年一緒に暮らしてきた幼馴染の
シゲという ジジ×ジジBL。これが素晴らしく良かった!一
緒に生きようと誓い合った過去のシーンも良かったし、最
期を迎えるシーンも良かったし、とても穏やかな普通の話
なんだけど泣けて泣けてしょうがなかったです。何か普段
読んでいるBLの若者たちも、こうやって添い遂げていくの
かな〜と想像するとたまんないですね。地味だけど描きた
いことをしっかり描ききってる感がありました。梅松さん
は『さよならチキン』に収録の『夏ノ小路坂上ガル十年目』
でも思った通り、泣かせる話が上手いんだと思います。こ
の地味さがイイv シルバーラブ=「SL」なんてジャンルが
あるのか知りませんが、自分の中でナシじゃないことに気
づいてしまったw 三次元やエロありだとアレですが、この
パターンならもっと読んでみたいですね。

岡田屋鉄蔵 『iLOCAS!』
ショーパブのダンサー達の話。ご本人がダメ出しポイント
をこれでもかと書かれておりましたが、その通りかなりコ
アな感じでした。でも何か、オカマちゃん達がわいのわい
のしているのが微笑ましくて楽しかったです。

千葉リョウコ 『アンドロボ』
ケンカした恋人本人には言えない愚痴をこぼすヘタレ男に
レンタルされたコピーロボットの話。某所では結構人気み
たいですが、私は別に何も感じなかったかな。そんなに千
葉さんらしくないということもなく。

宇野ジニア 『隣は何をするひとぞ』
扇風機と恋をする男の話。これはマニアック〜w しかしこ
の訳のわからなさとテンションの低さがジニアさんらしい
のかも。

ZIN 『透黒』
ナチス収容所の話。これは個人的には苦手なタイプの話な
んですが、好きな人は好きそうという。初めて拝見した作
家さんですが、えすとえむさんとか岡田屋さんとか好きな
方にウケそうな感じですね。

モチメ子 『無法の少年』
借金を帳消しにしてもらうためにヤクザの息子を誘拐した
のに、その子があまりに賢すぎて最後には美味しくいただ
かれちゃうオッサンという話。なるほどいつものほんわか
モチメ子色とは違いますが、これはこれで面白かったです。

六多いくみ 『今どうしてる?』
萌え系本屋の店員で見た目はイケてる可愛いもの好きのオ
タクが、チビでポッチャリなオタクな子を好きでという話。
そっちが攻かw これはもっとラブに発展していくところも
見たいです。初読み作家さんなんですが、なぜこれまでコ
ミックスが出ていないのか不思議なくらい普通にウケそう
なタイプですよね。可愛い二人でしたv

桃山なおこ 『it must be』
自転車ロードレースの選手の話。これはラブ手前という感
じであまり得意な感じでは無かったです。

あとはコラム漫画で参加の作家さんが、青山十三、佳嶋、
草間さかえ、竹内佐千子、ケビン小峰、彩景でりこ、ヨネ
ダコウという面々。中でもケビン小峰さんの『ブルブル大
胸筋』がすんごい好きでした。ちゃんとした漫画で読んで
みたかったな〜w

やっぱこうやって書き出してみると、自分の好みがハッキ
リわかりますね。恐らく一般ウケするだろうと思われる話
「足フェチ」「ジジ×ジジ」「オタク×オタク」がツボで
した。でも他の個性的なのも、アラカルトという感じで楽
しめたので満足。

アンソロは、後でコミック収録?という頭があるので、普
段はほとんど購入することがないんですが、これはハナか
らここ以外に行き所が無い作品達というのがわかっていた
ので安心して購入できましたw ここだけで完結している話
ばかりなので、同人誌作品のようにおいてけぼり感が無か
ったのも良かったですね。
どこかでダメだと言われた作品が、こういう形で世に出る
こともあるかもよという、作家さんにも読者にも希望を与
える先駆けになると面白いなと思いました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール