selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





上司のくせに生意気だ/天城れの 【GUSH】


〔2012/2/10〕


★★★☆☆

桃穴市役所広報課課長の鳴沢はパワハラ・セクハラ日常茶
飯事の嫌われ者。配属されたばかりの新人・山田にもパワ
ハラの洗礼を浴びせるけれど、当の山田はいつもニコニコ、
全く動じない。「何かやだ!アイツ!」関わらないように
しようと思う鳴沢だが、ゆるキャラ「ももあ〜な」の広報
活動を山田と二人で行う事に!全身タイツに着ぐるみとい
う屈辱的な格好を、やってられるかと脱ぎ棄てた途端、山
田が豹変!いきなりドSスイッチをONにして・・・!?

素直に楽しかったですvゆるキャラという時事的なネタを
持ってきて、しかもそれがとても効果的に使われていると
いうことが可笑しく、終始れのさんらしいバカバカしさが
楽しめる1冊でした。

表題作は4話。
桃穴市役所の広報課の新人・山田は、SEから転職してき
たという物腰の柔らかい爽やかなイケメン。そんな山田を
理不尽に叱り飛ばすのは、普段から横暴で皆に疎まれてい
る鳴沢課長。ある日、桃穴市役所でもゆるキャラ「ももあ
〜な」を導入することになり、着ぐるみを発注したものの、
ぴったり合うのが鳴沢だけだったことから、すっかり着ぐ
るみの中の人担当になってしまう。しかしこんな仕事やっ
てられるかと鳴沢がキレた途端、山田のスイッチが入って・・・。

というわけで、とても大人とは思えない傲慢で我侭な課長
が、実はドSぶってる人をいじめるのが好きなドS・山田
になんやかんやでアンアン言わされちゃうという話。
正直、課長はちっとも可愛くない!w 小学生かよ!という
ところは、いかにもれのさん作品ではあるんですが、やや
引いてしまう感じも。しかしももあ〜なの効果で多少可愛
く見えてくるし、最後の最後にデレてくれたのが最高に良
かったです。黙ってサンプルのパンツを履いて仕事をする
のはちょっとカッコ良かったしw 本当はもうちょっとし
おらしい受が好きなんですが、まぁ過剰な性格悪い具合は
これはこれで楽しかったのでいっかな〜。

しかしまぁ、れのさんの ももあ〜なの企画力がパねぇw
口が肛門なのはまぁ思いつきそうですが、マウスパッドに
ウエットティッシュに袋どめとか、確かに形状が一致しす
ぎていて超笑いました。しかもパンツがまたいい感じの仕
上がりで、それを試着させて、ちゃんとエロエロも忘れな
いところがステキ。相変わらずいい突き抜けっぷりでした〜。

短編『へちずむ』は、半端ない眼鏡男子マニアで、担当編
集者には必ず眼鏡を着用させ、気に入った子は食っちゃう
という小説家の瑠璃吾郎。しかしある日やってきた新入り
の編集者・榊は折角の好みの顔なのに、眼鏡をかけようと
しなくて・・・というメガネフェチの話。
絵柄が少し前の『男・色茶屋』辺りを訪仏させるかなと思
ったら、2006年の作品でした。かけると淫乱になっちゃ
う眼鏡という発想や、攻のモノローグの「私は〜のだ」と
いう口調など、あぁれの作品だね〜vという感じでしたね。

『ダイスキライ』は、祖父の莫大な遺産を受け取るため、
遺言にあるように仲良し夫婦を演じることになった里央と
武蔵。しかし元々赤の他人である上にだらしのない里央の
せいで、武蔵は毎日苛立つばかり。でも喧嘩ばかりのよう
に見えて、実は武蔵の心は・・・。これまたとんでもない設定
といい、ケンカのバカバカしさといい、いい感じにれのさ
んらしい話でした。「ダイスキライ」というタイトルがぴ
ったりすぎてお見事!

そんな感じで、表題作の今の作風と、ちょっと前の暴走系
の作風とが一度に味わえ、れのさん好きとしては充分満足
の内容でしたv 実はこれを読む2日程前に『息子がお世話
に〜』をふと読み返してみたんですが、やっぱり面白かっ
た!昔のも好きですが、ここ数年の作品の方がもっと視野
が広くなっていて、話に広がりが出てきているように感じ
ました。次も楽しみv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール