selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





発情カレシ/サキラ 【ピアス】


〔2011/11/30〕


★★★☆☆

修学旅行の温泉で裸で密着するとカラダが発情v
勃起した景達の蘭へのエロ暴走が止まらない!!
『暴走vカレシ』の景達×蘭& 誠介×椿&ショタコン
保健医・日村が、ヘンタイすぎるHでイキまくりv
絶頂コミック決定版!!

サキラさん、久しぶりのコミックスですが、相変わら
ず勢いがあるアホエロっぷりですv そしていい雄ッパ
イw 前作『暴走vカレシ』はサクッと読んだこともあ
りそんなに内容を覚えているわけでは無かったんです
が全く問題無し。楽しかったですv

続編の前に短編が2本。
『お仕置きSWEETS』は、製菓学校に通う岬が、同棲
して1年のラブラブの恋人・類の誕生日を忘れ、友達
と飲みに行ってしまったことからお仕置きを・・・という
生クリームプレイの話。ただそれだけの話なんですが、
勢いがあって面白かったです。「付き合ってくれ」「喜
んで〜」みたいなやりとりとか、スポーンと脱がされる
感じとかw

『恋の発熱BOY』は、幼馴染で常にライバルとして何か
と張り合ってきた一輝と桜太という高校生同士。風邪を
引いてしまった一輝が桜太に看病されるうちにエロいこ
とに・・・という話。オバカなケンカップルですねw

そして父親が柔道の師範で自分も柔道をやっている、ガ
タイが良く目つきの悪い一匹狼だった蘭が、ややヘタレ
な恋人・景達に愛され、アンアン言わされる『暴走vカ
レシ』の続編が『発情vカレシ』。
景達×蘭カップルが、修学旅行の露天風呂の中でもよお
しちゃって岩場の影の方で致しちゃうものの物足りず、
その後は保健医・日村の協力もあり部屋でエロエロとい
う話。やたら燃え上がってる二人は勿論面白いですが、
そんな二人の関係を同級生の中で唯一知る友人・多田く
んのアシストが気の毒で面白すぎですw 頑張れ〜w

『幽霊vカレシ?』は、夏祭りの日にお寺の裏で致して
いたら、蘭の精気に吸い寄せられた幽霊が景達の体に憑
りついてしまい、あわや幽霊とHを・・・という話。
幽霊を体から追い出すために自分を殴る景達が、アホな
んだけど健気で可愛かったです。いいヘタレv

『ブラvファイター!!!』は、蘭の父・椿と大学の柔
道部の後輩で道場を手伝っている誠介。蘭が修学旅行で
留守ということで思い切り愛をはぐくもうと、誠介が椿
に用意したのはメンズブラ。しかし実はそのブラには、
ある仕掛けがしてあって・・・という話。乳に良いと聞き素
直にブラをつける天然父がアホカワすぎるw

『♂乳ファイター!!!』は、椿がお向かいの夫婦の赤
ちゃんを預かることになり、アホな誠介が赤ちゃんと椿
のオッパイを取り合うという話。何で赤ちゃんの目の前
にオッパイが丸出しだったのか謎ですがw 攻が変態くさ
いことで、息子カップル以上にアホなカップルですよね。
あぁ楽しい。

『日村センセーの受難』は、ショタコン保健医・日村の
話。10年前の高校生の頃、父の病院に入院していた少年
・みっくんに恋をしてショタコンに目覚めた日村が、最
近良く怪我をしては保健室にやってくるガラの悪い教育
実習生・鷹美に・・・という話。オチとしてはバレバレです
が、マッチョな男が実は中身は可愛いというアホさが面
白かったです。『日村センセーの萌彼』はその続き。み
っくんが更に可愛くなっておりましたw

『寂しい小鳥』は、住んでいたアパートが取り壊される
ことになり、同じゼミの彩に声をかけてもらい同居させ
てもらうことになった桐吾。しかし彩がしょっちゅう誰
かを連れ込んではHしていることに、次第に苛つくよう
になってしまい・・・という話。珍しくシリアスな感じでし
たね。

『LOVEvLOVEジュテーム』は、世界征服を目論む悪の
大帝・ジュテームが、変身前の人間の姿の時に、隣のア
パートに住む青年を覗き見るのが趣味で、実はこの青年
が敵である愛のヒーロー・ラブカイザーだった・・・という
すごく変なノリのアホな話でした。

うん、いいアホエロですね。濃厚なんだけど突き抜けた
明るさがあって、意外にも後味はサッパリです。リズム
感がイイんですよね。とても趣味丸出しだと思うんです
が(主に雄ッパイ方面でw)こういう開き直りは良い持
ち味だと思いますv スカッと明るいエロ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック




イトラコナゾール