selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





そして天使が歌いだす(1巻)/古田アキラ 【ルチル】


〔2011/11/24〕

★★★☆☆

しがない探偵の白鳥睦巳は、事務所が入っているビルの
大家・三原親夜のことが好きで、家賃取りたてのため訪
れる親夜を押し倒しては逃げられる毎日。ある日、財閥
・伊集院家の御曹司・双樹が執事の堂本とともに訪れる。
父の死をきっかけに、自分に26歳になる異母兄がいると
知った双樹は、その兄を探してほしいと依頼に来たのだ。
報酬につられて調査に乗り出す睦巳だが、親夜との仲も
なんだか微妙に変化して・・・・・・!?

古いビルで細々と探偵業を行っている睦巳は、前大家で
亡くなってしまったおばあさんに行き場のないところを
助けられたバツイチの元ホスト。そんな睦巳が目下日課
にしているのは、祖母からビルを継いだ現大家で事務所
に手伝いにきている美形の青年・親夜を口説くこと。そ
んな睦巳の元にある日、財閥・伊集院家の御曹司・双樹
が依頼にやってきて、顔も素性も知らない現在26歳にな
る異母兄を探し出して欲しいと言うのだ。しかしこの依
頼に関して、双樹の執事・堂本や親夜は何か知っている
ようで・・・。

神奈木智さん原作です。
睦巳のちょっぴりチャラい感じと、親夜の謎めいた感じ、
下の喫茶店の店主・丈の素朴な感じ、坊ちゃんの可愛さ
と執事の怪しさ・・・とキャラが面白く、話のテンポも良く
てメリハリがあって面白かったです。

双樹以外の4人が全員26歳ということで、一体誰が双樹
の兄なんだろう・・・という話なので、ワクワクしながら読
んでました。
でも恋の話としてはまだまだ全然親夜がなびいてくれな
いし、探偵の仕事としても謎だらけという感じなので、
できれば続きも一気に読みたかったな〜というのが本心
ではあるんですけれど。

結構サックリしてるので、萌えとかは全然無いですが、
漫画として普通に面白かったので、続きも楽しみにした
いと思います。過去2作品読んでいて、雰囲気重視の少
しぼんやりとした話という印象だった作家さんですが、
今回は普通に読みやすかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール