selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ひみつの棘/菊屋きく子 【HertZ】


〔2011/11/1〕

★★★☆☆

編集者の宇留野は1年前に別れた恋人・久原と再会する。
久原は恋の噂が絶えない人気作家だ。宇留野は新雑誌で
久原の担当を命じられ、その上、久原にしばらく家に泊
めてほしいと言われる。宇留野は即座に断るが、仕事が
できないと半ば脅され、仕方なく泊めることになった。
もう二度と会うことはないと思っていたのに・・・自分勝手
な久原に振り回される宇留野だったが、数日後、久原に
やり直さないかと言われて!?

表題作は全3話。
2年前、人気作家・久原と仕事上の付き合いがあった宇
留野は、仕事の打ち上げの後に最後だからと思い切って
告白。実は久原も宇留野のことを好きだったということ
がわかり付き合うことに。しかし1年前、社交的で女性
との噂が絶えない久原との生活が苦しくなり、好きだっ
たけれど別れを告げてしまった宇留野。もう会うことも
ないと思っていたのに新たな仕事で再会してしまった上
に、何故か部屋に暫く泊めることになってしまう。おま
けにやり直そうと言われてしまい・・・。

飄々とした攻に復縁を迫れるものの相変わらずどこまで
本気なのかわからず、結局昔と同じに振り回されるばか
り。でもどうしても惹かれてしまう・・・という復活愛の
話でした。というか、本当はお互い好きだったのに別れ
たため、以後もずっと好きだったようですね。果たして
こんな攻で大丈夫なのか不安はいっぱいですがw、再び
攻にドキドキされられてしまう受の反応がいちいち可愛
くて良かったです。うん、楽しかった。

『眠れない日々』は、子供の頃、親の再婚で兄弟になっ
た三歳差の慎輔と千晃。当時から慎輔無しでは眠れなか
った千晃は、高校生になった今も一緒に眠ってもらって
いる。いつからか慎輔を別の意味で好きになっていた千
晃だったけど、いつまでも弟にしか見てもらえなくて・・・
という、義兄弟の話。ありがちな話だと思うんだけど、
朝からべったりだったり、過去に嫉妬している姿だった
りという千晃の一途で可愛いキャラのせいもあって、あ
まりありがちな感じが無くて、何か良かったです。

『甘い香りは蜜の罠』カリスマ調香師・古河の助手をし
ている匂いに敏感な体質の泉。実は泉は、最初に古河に
会った時から、古河の香りにメロメロで・・・。
一目惚れならぬ一鼻惚れ。だけど実は古河の方も・・・と
いうことで、お互いに求愛フェロモンを出されていたと
いう楽しい話でした。

大変読みやすい1冊でした。最近の菊屋さんは、結構ラ
ブな感じが増してきていて、好きな傾向なので嬉しいv
やっぱり受が強気過ぎたり面倒くさかったりせず、これ
くらい素直な子らの時の方が良いような気がします。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール