selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





セルリアンブルーの空/橘エイカ 【ダイヤモンド】


〔2011/10/28〕

★★☆☆☆

時は大正、帝都裏町歓楽街・・・通称「魔窟」。
男娼館「G」で生活のため、男をたらし込む彰彦の心は、
常に空虚だった。そう、「先生」に出会うまでは・・・。
画家の「先生」は彰彦に対しても屈託なく接してくれる、
かけがえのない存在。そんな二人を取り巻く人間模様・・・
羨望、嫉妬、憎愛・・・は、時代とともに不穏に蠢き始める
のだった・・・。著者待望のBL時代大河浪漫、満を持して
登場!

生活のために男娼をしている彰彦にとって、優しく夢を
持って生きる画家の先生のモデルとして一緒の時間を過
ごすことが唯一の癒し。しかし自分が普段、男娼をして
いるということは言えないままでした。そんな彰彦の常
連客である金持ちの竹原は、彰彦を憎むあまり執着して
きて・・・。

うんまぁ、色々とドラマチックというかクサい展開なの
で飽きはしませんでしたが、作者さんご本人も認めてい
らっしゃるように、かなり青臭く、お約束満載という感
じで、10年前に読んでいたらまた違ったかもしれないな
という感じでした。
もう少しひとつひとつが丁寧だと良かったんじゃないか
な〜。サクサクと説明的に進むので、折角のメロドラマ
なのに、世界に入り込む余裕がなかったのが残念。こう
いう世界観は決して嫌いじゃないので、もっと所々にグッ
ときちゃうような泣きの場面など入れてしまって、クサ
クサにしてしまっても良かったのになと。
話自体は好きです。ただ魅せ方が何か色々と惜しかった
ので残念ながら満足度は低めです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール