selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





帰り道で恋に惑う/水渡ひとみ 【GUSH】


〔2011/9/10〕


★★★☆☆

保育士の白木は園児の父、佐久間に片想いをしている。
バツイチで子育てをしている佐久間を煩わせるつもりは
なく、いつも遅い時間にお迎えにくる佐久間と一緒に帰
るわずかな時間が唯一の楽しみ。ところがある日、佐久
間と声が似ているという理由で、体の関係を持っていた
男との揉め事を佐久間本人に見られてしまい・・・。
バツイチ子持ちリーマン×保父さんの表題作ほか、イケ
メンMR×お堅い薬剤師の白衣ラブも収録。

3種類の話が収録されていますが、全部面白かったですv
『帰り道で恋は始まる』『帰り道で恋に惑う』、描き下
ろし『それから』の3本が表題シリーズ。

『帰り道で恋は始まる』
離婚して男手ひとつで園児・遊大を育てている佐久間の
ことを好きになってしまった、ゲイの保育士・白木。偶
然アパートが近くお迎えが一番遅いということもあり、
頻繁に一緒に帰るようになったけれど、恐らくノンケだ
し困らせたくないと、想いを伝えるつもりはなかったの
に、タイミング悪くセフレと揉めているところを見られ
たことから、ついに告白してしまう。これで終わった・・・
そう思っていたけれど・・・。

ノンケ相手への恋というところでは定番な感じですが、
子持ちBLらしく、子供が父親を名前呼びだとか、佐久間
が親バカだったりと、アクセントがあって面白かったです。
そして布団に入って背中を眺めているだけなのに、何か
妙にエロスを感じたのは自分だけでしょうかw
佐久間さんが「俺だって たまらない」と色っぽくキスし
たら、次のページで白木が「僕だってたまらない」とノ
リノリだったのが、えらく可愛かったですv

『帰り道で恋に惑う』
あのキスから1ヶ月。相変わらず帰り道を一緒に帰ったり
一緒に夕飯を食べたりと、良い関係が続いている二人だっ
たけど、それ以上の進展はない。そんな時、佐久間が子育
てのことで弱音を吐き・・・。
結局何でしょう。佐久間がジラしていたということでしょ
うか。1話ラストのあの状態からなんだから、微妙にオニ
ですよねw でもだからこそ、ただ抱きついてるだけ、キス
してるだけなのにエロスを感じるような。何か作者さんて
ば意外に策士じゃないですか?みたいなw
描き下ろしのまったりとした色気もグーでした。
相変わらずお子様に弱いので、友達に佐久間のことをバカ
にされた遊大が白木に泣きながら訴えるシーンは、何度見
ても思わず泣いてしまいます。


『カラダは嘘を知らない』
真面目で地味な薬剤師・湯本は、飄々としたイケメンMR・
春日井に日々口説かれている。ある日の帰り道、二人が揉
めた弾みで湯本のシャツのボタンが取れてしまったことか
ら、春日井に言われるがままに部屋にお邪魔することにな
った湯本は・・・。
アホっぽくグイグイ行く感じと、色っぽくグイグイ攻める
感じと、春日井の見せるギャップが萌えでしたv 口に出し
て言わせちゃうのもグー。
『カラダは愛を欲する』は、すっかり春日井に快感を覚え
させられてしまった湯本・・・と、気持ちとしてはまだどうな
んだ?という感じだけど、体はすっかりハマっている、淫
乱気味に育ち始めている湯本が見られる話でした。可愛いv


『やさしくしたい』は、お互いゲイだということに気付き、
農家の息子・文博(未成年)と1ヶ月前から関係をもって
いる、農協の職員・根津。ゲイだということがバレること
の弊害を良く知っている根津は、外でバレるようなことは
するなと最初に文博に釘を刺していた。なのにある日、道
端でキスをされてしまって・・・。
彼らの関係を文博から聞いて知っている坂井さんが文博の
ことを語るシーンで結構ウルウルしてしまいました。浮か
れているだけに見えていた彼にも、それなりに苦悩があっ
たという切なさにキュンと。お前に坂井さんみたいな人が
いて良かったと根津が言うシーンも泣けたな〜。何かこう
いう話、弱い。

そういうわけで、どちらかというと地味なタイプの作風で、
絵柄にも特にクセがないので、過去2冊読んでいるはずな
のにあまり覚えていなかった作者さんですが、今回は2冊
同時発売でこの内容の良さだったので、しっかりとインプ
ットされましたw
普段は割と能天気な攻達が一転色気を見せる・・・という、こ
の辺の塩梅がなかなか好みだったりと、魅せ方に結構惹かれ
るものがありました。この後読むもう1冊も楽しみですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール