selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





夜明けに咲く花の色/しおべり由生 【AQUA】


〔2011/8/12〕

★★★☆☆

サラリーマンの江坂はある日、「高級感のあるイメクラ」
と友人に騙され、秘密めいた屋敷『籠月楼(こげつろう)』
へ連れて行かれる。そこは、政界の著名人など限られた
人のみが通う現代の遊郭だと言う。驚く江坂だったが、
目の前に現れた色子・婀鳥(あとり)の儚く可憐な容姿
に、一目で心を奪われてしまう。いけないと思いながら
も、江坂は婀鳥と一夜をともにし・・・。

同時に発売された『籠鳥は愛に鳴く』とスピンオフにな
っています。と言ってもこちらの『夜明けに〜』は2話
だけで、半分以上が別の教師と生徒の話になっているの
で、丸ごと遊郭を期待していたらがっかりするかも。ど
うやら『籠鳥〜』の方だけでほぼ1冊分あるので一緒に
は収録できず、このような形になったようですね。

政治家の息子で親友の伊佐原に連れられリーマンの江坂
が訪れたのは、現代の遊郭・籠月楼。そこで可憐で自分
好みの色子・婀鳥に一目惚れした江坂は、付き合ってい
る女性がいたが誘惑に負け一夜を共にしてしまう。途中、
女だと思っていた婀鳥が男だと気づいたが、そんなこと
は関係なく、江坂はどんどん婀鳥にハマり、ほぼ週末を
婀鳥と過ごすように。しかし一介のサラリーマンに遊郭
での花代はバカにならず、そのことに婀鳥も胸を痛め始
め・・・。

というわけで、若干の悲恋風味を漂わせつつのハッピー
エンドで、読み易い話でした。ちょっと最後のネタばら
しのくだりが、一回読みでは理解し難い感じもありまし
たが、そのことを踏まえて再度読んでみると、伊佐原の
細々とした策略も見えて面白かったです。
しかし遊郭の中でも女子みたいだった婀鳥は、外に出て
もやっぱり女子にしか見えないので、あまりBLである必
要性も感じませんが。ま、健気な感じが可愛いからいい
かなと。
できれば前の方をもっと増やして、二人の気持ちがじわ
じわと盛り上がっていく感じが味わえるともっと良かっ
たのかなと思いました。

『恋愛の距離』(全3話) 数学教師になって二年目の
藤村は付き合っていた同期の音楽教師と、結婚に対する
見解の違いから破局。そんな藤村を、生徒の和紀は何か
と気にしてくる。しかし和紀と居ると藤村は、かつて自
分の元から去って行った友人・ヒロキのことを思い出し
てしまい・・・。

過去の失敗から恋愛に臆病になっている藤村の前に、そ
のトラウマの原因である男の弟で7コ下の和紀が現れて
戸惑い一度は距離を置くものの、更に時間をおいて和紀
が教師となって現れ、そんな和紀に、藤村は少しずつ解
されていく・・・というような話ですね。

何かあれですね、面白かったんですがあちこちに話が散
らばっているというか、回りくどいというかw ぶっちゃ
け、彼女とのいざこざは邪魔っぽい感じもしたりして。
なので途中を説明するのが難しいなぁという感じもある
んですが、結果的にはちゃんとまとまっていて面白かっ
たです。最後に和紀目線の話が読めたのも良かったし。
むしろ、その話だけでもいい・・・という感じさえw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール