selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





1/2・幸福/祐也 【GUSH】


〔2011/7/8〕

★★★☆☆

自称「不運な男」葉山知永(ちはる)は、ある日自分
よりももっと「不運な男」勝谷倖一と出会う。仲良く
なるものの、会うのはいつも二日おき。しかし、数日
会えない日が続いたあと、倖一は自分のことをすっか
り忘れていた・・・。それが「記憶を三日しか保てない」
せいだと知り、ショックに倖一への想いを自覚した知
永は「僕たちは恋人同士だ」と倖一に教え込む。服を
開き、彼を誘って・・・。

会計事務所に勤める知永は、いつもちょっと運が良く
ない。そんな知永が電車の中で会ったのは、女子高生
に痴漢をしている人を捕まえたのに、自分が犯人と間
違われてしまった倖一。現場を目撃した知永がとっさ
に証拠写真を撮っていたことから罪は晴れ、お礼をし
たいという倖一の申し出により、二人は食事に行くこ
とに。その晩は、不幸話で意気投合した二人のはずだ
ったのに、数日後に会った時、倖一は何故か食事をし
たことを忘れてしまっていた。その後も度々二人で過
ごした日の出来事を忘れてしまう倖一に戸惑う知永だ
ったが、実は倖一は、交通事故の後遺症で、記憶の保
存が長くできない病気だと知り、それならばと必死に
自分の記憶を植えつけようとするが・・・。

というわけで、事故に遭う前の記憶はあるけれど、事
故後は最大で3日程度しか覚えていられないようにな
ってしまった記憶障害の倖一と、最初はそのことを知
らず、どういう人なのか判りかねていたけれど、懸命
にやっている倖一を好きになり、何とか支えになりた
いと苦悩する知永という、今までどちらかというと不
運だった二人が、一緒にいることで小さな幸せを見つ
けていくという話でした。

テーマは重いけれど読んでて心地良かったのは、病気
の面や周りの人達の絡んでくるシリアスな部分と、二
人の醸し出すほんわかとしたムードの波が、非常に良
いテンポで繰り返されていたからでしょうね。重い方
向に行きそうなところに、フイと和ませエピソードが
入ってきて、良い感じに重さを中和してくれているの
がどこか能天気にも見える二人に合っていて、思わず
フフフと笑ってしまうことが多かったです。特に後ろ
前Tシャツの話とかw

あとは、兄を縛り付けている生意気なだけのブラコン
弟だと思っていた幸弘も、良く考えればそうですよね。
そんな兄を一人で面倒見てきたんですもんね。知永と
同じく、あの時嫌ってごめんね・・・と思いましたw こ
の辺のフォローも含め、全ての要素が上手く消化され
ていて、ダラダラ感も無く、1冊で上手いことまとま
っていたのが良かったです。
ただ、最終話のHで、知永の足は大丈夫なんだろか?
と思ってしまいましたがw しかしこの知永の持病要素
も、知永のことを忘れてしまったはずの倖一が、その
ことだけハッと思い出すなど、話に生かされていて良
かったし、細々としたネタが色々と無駄無く消化され
ていて面白かったです。なので自然と最後はウルッと
きてしまいました。あぁスッキリv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール