selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





夢結び恋結び(4巻・完結)/桜城やや 【ASUKA】


〔2011/6/1〕

★★★★★

小さな頃から面倒をみてきた青からの告白を拒み続けた
神主さんの隆明は、引っ越しを控えた青からの「一緒に
過ごすのもこれが最後」という言葉に覚悟を決め、つい
に青を押し倒してしまう。ところが、不測の事態で初エ
ッチはおあずけになる上に、青にはそれを同情だと思い
込まれる始末。いまいち鈍い青の誤解を解くために、隆
明がとった行動とは・・・!?
理性と戦い続けた神主さん×性春謳歌な高校生の恋愛大
騒動、ここに完結!描き下ろしも収録で大満足の最終巻v

いや〜やっぱ私、この作品大好きでしたv
青のストレート過ぎるが故の天然は可愛いし笑えるし、
そんな青に振り回されっぱなしで、もうどうしようもな
く惚れちゃってる隆明さんのダサさは面白いし、本当自
分でもバカかと思うくらいずっとニヤニヤしっぱなしで
読んでおりました。これで終わっちゃうのが寂しくてし
ょうがないんですが、次はどうやら駄菓子屋・柊至さん
の話ということですので、もしかするとこのカップルの
出番もあるかもですね。
とにかく最後まで期待を裏切らない面白さでした。大好
きだ、この二人v

冒頭から、さぁいよいよ甘い初体験キタ〜!な展開だっ
たのに、青の脱ぎっぷりの良さってばw ということで
今回も初っ端から青の天然炸裂と、振り回されている隆
明さんという、いつもの二人の姿のまんまで始まりまし
たね。

隆明さんがやっと青とHをする決意をした=好きだから
という当然のことが、今までずっと片想いをしてきた青
には思いつかなくて、自分が引越しをして会えなくなる
って言ったから、最後の「サービス」をしてくれてるの
だと思っているというボケっぷりw
結局そのボケに調子を狂わされっぱなしの隆明さんが、
もうはっきり態度で示して口に出して言うしかない!
という状況まで追い込まれてしまいました。そういう惚
れた弱み的な部分が見える度にキュンキュンきちゃいま
す。普通ならこんなやりとり、回りくどい〜と思ってし
まいがちな自分なんですが、この二人に関しては、そう
いうグダグダなところまで妙に独自のテンポがあって楽
しくてしょうがないんですよね。

好きなシーンを書き出そうかとも思ったんですが、むし
ろ好きじゃないシーンが無いかも。
双子の片割れ・赤が、葉子ちゃんに会いに来にくくなる
から引越しをやめてくれと言いにきて、何という浅はか
な主張!と驚いたものの、その後青が葉子ちゃんのとこ
ろに行って隆明さんのケーキの話を聞くことになるなど、
上手〜くツラツラと紐が解けていくように物語が繋がっ
てるのも心地良く感じる要因だったんだと思います。
あとは神社にお参りに来たおばあちゃんに隆明さんが、
青がお百度参りしてた時の話をするシーンには感動。っ
てこのお参りシーンが登場する度に、毎回感動しちゃっ
てるんですけどねw

青は何も知らない子供のような顔をしておいて、「ち○
こは初めてだから下手かもだけどー」なんてドキリとす
る発言なんかもあったりして。そういえばこの子、こん
な感じなのに、女子とはしたことあるんだよな〜とか
思わされて、そういうさりげに青に俗っぽさがあるのが
すごく好きでした。
可愛い容姿に反して、作者さんのおっしゃる「したたか」
な部分がある、ある意味男子らしい部分もしっかり持っ
た男子であるところが面白さであり、でもどこか周りに
気を使いながら生きている満たされていない部分もあり、
そんな中、隆明さんにだけは会いたかったー!と素直に
抱きついていくという可愛いさを持っていて、決して見
た目が可愛いだけじゃない魅力あるキャラになっていた
と思います。何か本当、子供の頃から見てるからかw、
可愛くてしょうがないですv

欲望に正直で、危なっかしくて目が離せない天然高校生
と、子供の頃から面倒を見てきたからどこまで進めてい
いものやらと必死に理性を保つ年上神主さんという、幼
馴染、年の差、体格差、袴萌えには大変楽めるカップル
でした。
表紙の隆明さんの顔〜w そして後表紙での顔もw
今も昔もそしてこれからも、青に振り回されっぱなしの
隆明さんなんでしょうねv あぁもっと読んでいたい!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。




↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール