selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





世界一初恋〜小野寺律の場合5〜/中村春菊 【ASUKA】


〔2011/4/1〕

★★★☆☆

丸川書店の少女漫画編集部に勤める新米編集者の小野寺
律の上司は「初恋の人」であり「初めての人」でもある
編集長の高野政宗。親同士が決めた婚約者・小日向杏の
存在を高野に知られてしまい、一度は崩れかけた関係も
何とか一段落(!?)。ところが、初めての新年会で作
家に囲まれプチパニック中の律の前に杏が現れる。杏の
告白を改めて断る律だったが、「中学生の頃から好きだ
った人を未だに引きずっている」ことが高野にばれてし
まい・・・!? 俺様編集長×新米編集者が贈る、編集者が
青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆王子様
書店員×メンクイ編集者の「木佐翔太の場合」&描き下
ろしも収録!

まずは『木佐翔太の場合』の第4話から。
相変わらず仕事が忙しく、雪名となかなか会えない木佐。
珍しく自分から雪名のバイト先に会いに行ったものの、
雪名が女の子とホテル街へ歩いていくのを目撃してしま
った木佐は・・・。
というわけで、今日も今日とて、卑屈な小っさいオッサ
ンですw 今回やっと通じはしましたが、まぁ上手くいっ
ても、今後もグルグルし続けるんだと思われますw 
告白シーンの、こっちまで赤面してしまうような恥ずか
しさが、たまらなく良かったですよね〜w

『小野寺律の場合』8話は、作家や関係者の集まる新年
会の話。自称・律の婚約者の杏ちゃんが勝手にやってき
たりして一騒動。おいおい律くん、しっかりしろよ〜と
いう感じなんですが、でもそのグダグダを、見事に高野
がスパスパッとやってくれたのでスッキリでしたね。
美形軍団の登場シーンの歩きながら挨拶してるシーンが、
何故だか妙に印象に残りました。スターかよ!wみたいな。
相変わらずグダグダな律にはやっぱりイラッとするんで
すが、有無を言わせず強引に迫る高野のその野獣っぷり
は本当にいいもんだなと。

9話は、高野が体調不良で会社を休み、様子を見に行っ
た律だったけど・・・と、律VS横澤になっちゃったりして、
またまた一波乱ありそうな感じでしたね。やっぱりネガ
な律にイラッとするんだけどw、高野が面白いからいい
やw

ま〜だ、横澤のお怒りの訳、過去の律が何をやらかしち
ゃったのかバラしてくれんのかい〜。引っ張り過ぎだろ
ぉ〜・・・と思いつつ。でもなんだかんだで楽しんでるん
ですけどね。
最初から、これは長丁場になりそうだな〜と思っていま
したが、「恋に堕ちるまであと○日」ってもうとっくに
堕ちてるやん!とかなり初めの方から思ってましたが、
まぁまだまだこの感じで続きそうですね。多分、大多数
の人が、もういいんじゃないかな・・・なんて、ちょっと
思ってそうな気もしますがw、引っ張りつつも萌えの衰
えは無いので、飽きたという感じは無いです。ま、これ
が中村春菊のお家芸ってことでしょうw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。




↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール