selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





まほろ駅前多田便利軒(2巻)/山田ユギ 【白泉社】


〔2011/3/4〕


★★★☆☆

東京郊外、まほろ市。便利屋を営む多田は、ある日の
仕事帰り、高校の同級生・行天と再会する。高校時代
から「変なやつ」だった行天は、行くあてがないらし
く、その日から多田のもとに転がり込むことに・・・。
バツイチ三十路の男二人生活が始まるが、行天が来て
からは普通のはずの仕事が、なぜかひとくせあるよう
で!?

まほろ市で便利屋をしている多田が、高校の同級生だ
けど話したこともなかった行天と再会し、成り行きで
家に置くことになってしまい、面倒な奴なんだけど何
故だか放り出すこともできず、一緒に色んな依頼をこ
なしていくという、人情物語的な話。非BLです。
そういう、男二人がつるんでいて、のほほんとバカっ
ぽい中にも、それぞれの持つ過去の哀しみがジワジワ
と匂うようになっていて、この辺のさりげない哀愁の
漂わせ具合が普段のユギさんの作風とブレが無く、原
作未読の自分でも大変楽しく読めています。感想サイ
トなんかを見てみると、原作既読の方達の誰もがユギ
さんのコミカライズに大満足!って感じですもんね。
ひとつひとつの表情が非常に印象的で、脱力部分のア
ホさはキュートで、本当に良い漫画を描かれる方です
よ。この雰囲気が、ホント大好きv

前半3話は、小学生・由良を塾に迎えにいくという依
頼を受けた多田便利軒。実はちょっとくわせものの由
良が、とんでもない事件に巻き込まれていて・・・という
話。決してガキの扱いが上手くない二人が、またお子
様の相手を強いられているのがウケますが、変に同情
したりしないで、大人と同じような接し方なのが渋く
て良いですよね。きっと似たような痛みを知っている
からこそなんだろうなという言葉の数々が非常に印象
的でした。由良、生意気だけど可愛かったな〜v

後半2話は、売春婦のルルにもらわれていったチワワ
のハナに会いに、元の飼い主で小学生のマリちゃんが
アパートにやってくるという話。そこに多田の過去や、
行天の元妻と娘が出てきたり、ルルの同居人・ハイシ
ーをストーキングする山下の話なども交えてあって。
これだけ話がまたがっていたらごちゃごちゃしそうな
ものですが、見事にスッキリ的確にまとまっていて、
どれもこれも気になる〜という状態で終わっております。

そういうわけで、高校時代の指の事故の原因、多田の
妻と子供との過去、行天の幼少期と結婚時代の謎と、
小説未読の自分にはまだまだ知らないことだらけで、
早く続きが読みたくてしょうがないという感じです。
映画の方が先に公開になっちゃうみたいですねw
1巻を読んだ時、この程好い脱力感は邦画っぽいな・・・
と思っていましたが、やはり映画化されたようで。ふ
むふむ納得w(最初キャスティング、逆かと思いまし
たがw ユギさん絵のイメージだと、行天はもう少し
キレイ系の顔の人かなと。話の内容からすると、二人
とももうちょいオッサンがいいのに・・・とかいう感じ
もありますよね。 でも集客ありきの映画という媒体
だから、こんなところかw)






↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







スポンサーサイト

  • -









イトラコナゾール